マニア推薦の限度額が高いクレジットカード3選と限度額を上げる5つの方法

「クレジットカードの限度額」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じ疑問や不安をもっていませんか?

  • そもそもクレジットカードの限度額って何?
  • クレジットカードの限度額をあげるための方法が知りたい
  • おすすめの限度額が高いクレジットカードを教えて!

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、クレジットカードを作ろうとすると大変です。

満足いく限度額を備えていないクレカを選択する可能性があるでしょうし、審査に落ちることだって考えられます。

せっかくクレジットカードを作るのだったら、限度額にもこだわりたいですよね。

そこで今回の記事ではクレジットカードの限度額について、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカの限度額を知り尽くしたクレカマニアが回答していきます。

この記事を読めば「クレジットカードの限度額」に関する、あなたが知っておくべき知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • 「クレジットカード限度額の基礎知識」
  • 「クレジットカードの限度額を上げる方法」
  • 「クレカマニアが選んだおすすめの限度額が高いカード」

についてはっきりと理解できているでしょう。

クレジットカード限度額の基礎知識

まず紹介するのは「クレジットカード限度額の基礎知識」です。

クレジットカードが一枚あれば、いつでもどこでも気軽にショッピングをしたり、光熱費を支払ったり、様々な支払いに使用できます。

しかし日々クレカを使っていると、自分のクレジットカードの利用限度額はいくらまでなのか忘れてしまいがちです。

利用できる限度額を把握していないと、クレジットカードが使えない状況になってしまうかもしれません。

今後、クレジットカードを便利に使用するためにも、クレジットカードの利用限度額について理解しておきましょう。

クレジットカードの利用限度額は重要

利用限度額とは、カード発行時に決定された、そのクレジットカードで利用できる最高金額のことです。

クレジットカードを申請する際、希望額をカード会社に通知して設定します。

例えば、利用限度額を30万円と設定したのであれば、月に30万円までクレジットカードでショッピングをすることができます。

利用限度を超過したクレジットカードの利用はできない

利用限度額に達した時は、それ以上の金額は利用できません。

つまり、その時点でクレジットカードが使用できなくなるのです。

ただし、返済をすれば、利用限度額に余裕がでるため、余裕分の金額をまた利用できるようになります。

買い物をして、利用限度額に達したとしましょう。

この時点でクレジットカードは利用できないようになります。

後日、1万円を返済(振替)しました。

1万円の余裕が出来たので、また1万円までクレジットカードでショッピングが可能になります。

上記のように、利用限度額が上限に達した場合、返済した額だけ利用できるようになるので、返済額が少なければ利用金額も少なくなってしまいます。

もし30万円全額返済すれば、また30万円まで利用できるのですが、返済してもすぐに利用できるようになる訳ではないので注意してください!

実はカード会社によっては、返済の反映が完了するまで数日かかる場合もあるのです。

クレジットカードの利用限度額を把握していないと、急に利用できなくなってしまうだけでなく、利用できるようになるまで一定期間が必要になることもあり、困った状況になるかもしれません。

クレジットカードの利用限度額を確認せずにカード利用している人ほど、返済遅延しやすいです。

利用限度をきちんと確認してカード利用していれば、遅延などの問題も解消されることにつながるでしょう。

利用限度の設定はクレジットカード会社が決定する

クレジットカードの利用限度額は、カード会社の審査によって決定されます。

つまり最終的に利用限度を決定するのは、利用者ではなくクレジットカード会社だということです。

申請時に申請者が設定した限度額が採用されるかは、カード会社の審査の結果しだいになります。

希望金額が50万円であっても、30万円の限度額と決定されることもあります。

希望する限度額では審査に合格しないことは多い

クレジットカードを申請の際に利用限度を設定しますが、申請者の希望通りとならない場合があります。

あるクレジットカードの利用限度額は、10万円から80万円となっていたとしましょう。

申請時に50万円を希望しても減額されることがあり、10万円の枠しか利用できないかもしれません。

先ほど説明したとおり、カードの発行前の審査で利用限度額が決定されるので、希望通りにならない時は諦めるしかないです。

利用限度額が希望通りにならない理由は、申請者のクレジットヒストリーに原因があります。

クレジットヒストリー(通称:クレヒス)は、CICやJICCなどの個人信用情報機関に登録された情報です。

参考 JICCでブラックリストかどうかを調べる日本信用情報機構 参考 CICでブラックリストかどうかを調べるCREDIT INFORMATION CENTER

クレジットカード会社だけでなく、全ての金融機関がこのクレヒスを利用しています。

クレヒスで確認できる情報は多岐に渡りますが、おもに以下の5つです。

クレヒスで確認できる5つのこと
  1. クレジットカードを何枚持っているか
  2. どれくらい金額を利用しているか
  3. 返済は毎月きちんと行われているか
  4. クレジットカード以外の借り入れ状況はどうなのか
  5. 携帯電話料金の支払状況はきちんとできているか

上記の情報を照会して、クレジットカード発行時の審査を行っています。

状況が良ければ「良いクレヒス」ですが、支払遅延や延滞があれば「悪いクレヒス」となって、利用限度の減額につながるのです。

ちなみにクレジットカードを初めて申請する場合、照会されるのは携帯電話料金の支払状況くらいです。

収入や勤務先がしっかりしている人であれば、希望の利用限度額が採用される可能性は高まります。

クレヒスが悪いと限度額は減額される

先ほど説明したとおり、審査後に利用限度額が希望金額より減額される理由は、クレヒスが悪いと考えられます。

クレヒスが悪い条件例
  • 複数のカード会社と契約している
  • クレジットカードや携帯電話料金の支払いを遅延したことがある
  • 複数のカードローンやフリーローンを使っている

以上に該当する方は、希望通りの限度額にならない要因として作用した可能性があります。

ただ複数のカード会社と契約していると、どうしてクレヒスが悪いと判断されるのか、不思議に思う人もいるでしょう。

すべての支払状況に問題がなくても、複数のカードを持っていればそれだけ利用金額も増えることになります。

限度額10万円のクレジットカードを4枚持っていれば、最高40万円の利用が可能です。

新たに別の会社で50万円の申請をしたら、利用金額は合計90万円になってしまいます。

このように多くのクレジットカードを所持していれば、その分多くの返済をすることになるので、クレジットカード所持枚数も限度額に関係してくるのです。

クレジットカードや携帯電話料金の支払いを遅延していると、利用限度額が減額されるのだけでなく、最悪の場合、審査に合格しないこともあるかもしれません。

延滞の登録情報は最低6ヵ月抹消されませんので、すべての支払いをきちんと済ませるようにしましょう。


ここまででは、「クレジットカード限度額の基礎知識」をお伝えしました。

クレジットカードの限度額の仕組みについて、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「クレジットカードの限度額を上げる方法」です。

クレジットカードの限度額を上げる5つの方法

ここまで長々とクレジットカード限度額に関する知識を解説してきましたが、ここからは利用限度額を上げる方法について触れていきます。

今回紹介するクレジットカードの限度額をあげる方法は以下の5つです。

クレジットカードの限度額をあげる5つの方法
  1. カード会社に増額を依頼する
  2. 一時的な増額をお願いする
  3. 新しくカードを作る
  4. グレードを上げる
  5. クレヒスを高める

大きな限度額が必要になった方は、ぜひ参考にしてみてください。さっそく紹介していきましょう。

限度額を上げる方法① カード会社に増額をお願いする

クレジットカードの利用限度額を上げる一番簡単な方法は、カード会社に直接「限度額を増やしてください」と申請することです。

従来は電話での申し込みしかできませんでしたが、最近はインターネットの管理画面から申請できるようになっています。

電話が面倒という方は、ネットで申請するのがおすすめです。夜間や休日も申請可能ですよ。

信用度があれば増額に応じてくれる

もしあなたの信用度が十分に高い場合には、利用限度額が増えることになります。

また、保有している他のクレジットカードや消費者金融への返済歴が悪い場合、増額の申請を行ったためにクレジットカードを強制解約される事例もあるので要注意。

次の例に該当するような方は、増額を申請しない方が無難かもしれません。

増額申請をしない方がよい5つの事例
  1. 返済期日になってもカード代金を支払わないことが多い方
  2. カードを強制解約されたことがある方
  3. 銀行のカードローンや消費者金融を利用中の方
  4. 無職になった方
  5. 転職したばかりの方

限度額を上げる方法② 一時的な増額をお願いする

一時的だと恒久的な増額の審査より難易度は低いので、信用度が低い方でも増額に応じる場合があります。

しかし、前述の「増額を申請しないほうが良い人の例」に該当する方は避けたほうが無難です。

一時的に限度額を上げることができる理由としては、以下の通りになります。

一時的に限度額を上げることができる3つの事例
  1. 結婚式場の費用が必要
  2. 海外旅行に行くので限度額を上げたい
  3. 出産費用の支払いに使う

これらの例では一時的な増額を認められることが多いです。

上記の事情で利用限度を増やしたいと思う方は、一時的な増額を活用してみてください。

速い場合には30分~1時間ほどの審査で増額を認めてもらえると思います。

もしスピードを早めたいなら、「急ぎ」だと伝えることが重要ですよ。

限度額を上げる方法③ 新しいカードを作る

増額申請をせずに、他のクレジットカード会社から新規のクレジットカードを申請する方法も大いにアリです。

万が一、入会審査に落ちてしまったとしても、保有しているカードを失うという最悪の事態は避けられます。

最近は年会費無料のクレジットカードでも、30万円~50万円の利用限度額が設定されたカードが多くあります。

既存カードの増額申請によってデメリットが生じそうな人は、新しいカードに挑戦するのが一番です。

限度額を上げる方法④ ゴールドカードにアップグレードする

クレジットカードの支払いを遅延したことがなく、消費者金融などの利用歴もない方は、保有しているクレジットカードをゴールドカードやプラチナカードにアップグレードすることも一つの方法です。

すべてのクレジットカードでこのようなアップグレードが可能なわけではありませんが、特定のカードなら可能です。

例えば楽天カードなら「楽天プレミアムカード」への転換、JCBカードなら「JCBゴールドカード」への転換ができます。

ワンランク上のクレジットカードに転換すると、利用限度額も増えますよ。

クレジットカードの枚数は増やしたくないという人には、おすすめの方法ですね。

限度額を上げる方法⑤ クレヒスを高める

この方法は「今すぐ利用限度額を引き上げなくてもいい」と思っている方専用です。

クレジットカードを使い、その利用金額を適時にきちんと返していけば、自然にクレヒスは高まっていきます。

クレヒスが高まれば、結果的に利用限度額も引き上げられていくでしょう。

もし大きな利用限度を望むなら、毎日クレジットカードを使って、きちんと返済すれば自ずと限度額が上がります。


ここまででは、「クレジットカードの限度額を上げる方法」をお伝えしました。

どうすればクレカの限度額をUPさせることができるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「クレカマニアが選んだおすすめの限度額が高いカード」です。

クレカマニアが選んだおすすめの限度額が高いカード

クレジットカードの限度額を把握するには、各会社のホームページまでいって詳細ページを比較しないといけません。

もっと手っ取り早く、限度額の高いクレジットカードが知りたいと思う人は多いはず。

そこでこの章ではクレジットカードマニアである筆者が選んだ「限度額が高いおすすめのクレジットカード」について紹介していきます。

今回紹介するクレジットカードは以下の3枚です。

限度額が多いクレジットカード3選
  1. 楽天カード
  2. ライフカード
  3. ACマスターカード

おすすめのクレジットカード① 楽天カード

専業主婦や学生など、審査が心配な方にもおすすめできるクレジットカードが「楽天カード」です。

楽天カードの主なスペックは、以下のようになっています。

年会費永年無料
利用限度額5~300万円
主な特徴①ポイント還元率が驚異の1.0~4.0%
②入会特典で5,000~7,000ポイント付加
③楽天ポイント加盟店でのポイント還元3.0%
④楽天カードで楽天Edyのクレジット決済可能

ごく一般的な会社員で50万円、信用度が高ければ最初から100万円と、ゴールドカード並みに利用限度を高く設定してくれる可能性があるカードです。

専業主婦や失業者などは、一緒に住む夫や親の収入が審査基準に含まれるのもポイントです。

楽天カード6つの特徴を大解剖!学生用やマイル特化のカードも解説

おすすめクレジットカード② ライフカード

ライフカードはポイント還元率こそ0.5%と標準的ですが、利用すればするほどポイントが積み立てられるポイントプログラムが特徴。

そんなライフカードの主なスペックは、以下のようになっています。

年会費永年無料
利用限度額ショッピング枠:10~200万円
キャッシング枠:0~200万円
主な特徴①ポイント 還元率が0.5~2.5%
②初年度はポイントが1.5倍付与
③誕生月はポイントが5倍付加
④年間利用額50万円以上で300ポイント付与

クレジットカードの利用限度額は、ショッピング枠・キャッシング枠とも限度も最高200万円。

一般カードでありながら、ゴールドカード並みに高い水準です。

与信審査内容によっては、最初から100万以上の利用限度を設定できる場合もあるカードとなっています。

ライフカード5つの特徴を大解剖!マニアが選ぶおすすめカード3選も紹介

おすすめのクレジットカード③ ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融の「アコム」が発行するクレジットカードです。

そんなACマスターカードの主なスペックは、以下のようになっています。

年会費永年無料
利用限度額ショッピング枠10~300万円
カードローン枠:ショッピング枠含め最大500万円
主な特徴①ポイント還元率は0%
②最短で即日発行が可能
③実質年率:10.0~14.6%
④審査が通りやすい

アコムは多くの銀行の提携カードローンの与信審査の一部を受け持っている消費者金融です。

独自のスコアリングシステムが確立されており、当日発行という速い審査も可能。

ポイント還元などのメリットはないですが、年会費無料という最低限のスペックはあります。

またカードローンの金額を含め最大500万円、ショッピング枠のみで最大300万円と限度額は極めて高いです。

審査が最も甘いとされる消費者金融系のクレジットカードなので、与信が心配な専業主婦や学生におすすめです。

まとめ

以上、「クレジットカードの限度額」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

この3つの知識さえ押さえておけば、クレジットカードの限度額に関する知識はすべて網羅できています。

今後の限度額を意識したクレカの発行をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA