コジマクレジットカードの特徴は4つ!審査ポイントや短所も徹底解説

「コジマのクレジットカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • コジマが発行しているクレジットカードってどんな特徴があるの?
  • コジマをそこまで使わない人でもお得なクレジットカードなのだろうか・・・
  • コジマのクレジットカードって審査は厳しいの?それともやさしい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、コジマのクレジットカードを作ろうとしてはダメです。

あなたには向いていないカードの可能性だってあるでしょうし、審査がうまくいかない可能性も考えられます。

せっかくコジマのクレジットカードを作るのであれば、自分にとって戦力になる1枚であってほしいですよね。

そこで今回の記事ではコジマのクレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、コジマのクレカを実際に利用している筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「コジマのクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • コジマのクレジットカードの特徴
  • コジマのクレジットカードの審査ポイント

についてはっきりと理解できているでしょう。

コジマのクレジットカードの特徴

まず紹介するのは「コジマのクレジットカードの特徴」です。

コジマでの買い物を安くしてくれるクレジットカードが「コジマ×ビッグカメラカード」です。

コジマ×ビッグカメラカードはコジマでカード決済時に、現金と同率のポイントを貯めることが可能です。

コジマでの決済時は「コジマポイント」、イオンの「ときめきポイント」を一緒に獲得できるので効率的です。

イオングループの対象店舗なら「ときめきポイント」が2倍になるので、毎日の買い物でザクザクとポイントを集められますよ。

コジマ、イオングループでの買い物が多い人には必須のクレジットカードです。

この章ではそんな「コジマ×ビッグカメラカード」の魅力を徹底的に解説して行きましょう。

まずはコジマ×ビッグカメラカードの主なスペックについてまとめてみましたので、目を通してみてください。

国際ブランドMasterCard・JCB
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%
旅行保険なし
家族カード機能あり(無料)
ETCカード機能あり(無料)
ショッピング保険最高50万円
旅行保険国内・海外ともになし
対応電子マネーSuica・SMART ICOCA・WAON・iD

コジマ×ビッグカメラカードの4つの特徴

コジマ×ビッグカメラカードは、家電製品の販売店大手のコジマとイオンフィナンシャルグループのイオン銀行が提携して発行するクレジットカードです。

コジマ×ビッグカメラカードはポイントサービス、クレジットカード、電子マネーWAONが一体になっており、1枚のカードで3つの機能を持ったカードになっています。

コジマ×ビッグカメラカードは、国際ブランドのMastercard、JCBの一つを選択可能です。

両者のブランドによるサービスの違いはありません。自分に合ったブランドを選択できます。

コジマ×ビッグカメラカードは年会費無料で利用できます。

ETCカードの年会費も無料の為、カードを保有する費用はかかりません。

家族カードの発行はありませんが、年会費無料なので家族のためにカードを申請しても費用がかさむ事はありません。

コジマ×ビッグカメラカードの概要をざっとまとめましたが、特筆すべき特徴はまだまだあります。

今回ピックアップするコジマ×ビッグカメラカードの特徴は以下の4つです。

コジマ×ビッグカメラカードの4つの特徴
  1. コジマ利用で二重ポイント獲得ができる
  2. 複数種類の電子マネーに対応している
  3. 各種補償が充実している
  4. イオンカード専用の付帯サービスが使える

特徴① コジマ利用で二重ポイント獲得ができる

コジマ×ビッグカメラカードは、家電量販店大手「コジマ」でのカード決済時に現金会員のようなポイントを獲得できます。

コジマでのカード利用では「コジマポイント」と「ときめきポイント」をダブルで獲得できるので、ザクザクとポイントを貯めるのが可能です。

具体的にはコジマ×ビッグカメラカードを利用し、コジマでショッピングをすると、コジマポイントが1.0%・ときめきポイントが0.5%で計1.5%ポイント還元になります。

数万円・十万単位のショッピングが多くなる家電量販店で1、.5%ポイント還元ができるのはメリットです。

貯まったコジマポイントは買い物時に1ポイント=1円で利用でき、ときめきポイントやコジマポイント、WAONポイントと交換可能で、無駄なくポイントを使用することができます。

コジマだけでなく、ビックカメラグループのビックカメラ・ソフマップでの買い物の際にも、ダブルポイントを獲得ができますよ。

特徴② 複数種類の電子マネーに対応している

コジマ×ビッグカメラカードがSuica・SMART ICOCA・WAON・iDに対応。

クレジットカードの中でも、対応電子マネーが多い部類に入ります。

各種電子マネーのチャージにつき、0.5%の還元率でポイントを集められますよ。

また話題の新型iPhoneで利用可能な決済サービス「Apple Pay」も登録可能です。

特徴③ コジマ×ビッグカメラカードは各種補償が充実

クレジットカードを選択する判断基準の一つは、万一に備えての付帯の保険です。

コジマ×ビッグカメラカードには、残念ながら国内外の旅行保険は付帯しません。

代わりといってはなんですが、ショッピング保険・盗難保険が付帯。

万一の事故時に備えてくれます。

ショッピング安全補償

コジマ×ビッグカメラカードでは、カードを利用して購入した商品が、180日以内に破損や盗難の被害を受けてしまったとき、損害補償を受けられます。

ショッピング補償の限度額は年間50万円以内で、商品価格が5,000円以上のモノの商品事故で補償が受けられます。

他社の一般カードのショッピング保険と比較しても、補償期間が長期間で優秀な保険です。

クレジットカードの盗難補償

もしコジマ×ビッグカメラカードが盗難の被害を受けた時も、盗難補償が付帯しているので安心です。

第3者の手に渡ってクレジットカードが不正に利用されても大丈夫。

盗難を申告した61日前までさかのぼって、損害額を補償として受け取れますよ。

特徴④ イオンカード専用の付帯サービスが使える

コジマ×ビッグカメラカードには、イオンカード専用の付帯サービスが用意されており、旅行や毎日の生活で便利に利用できます。

コジマ×ビッグカメラカードに付帯されるイオンカード専用のサービス内容を解説して行きましょう。

イオントラベルモール

コジマ×ビッグカメラカードは、イオンカード会員が利用できる「イオントラベルモール」を利用できます。

イオントラベルモールでは、JALパックやANAなど40以上の旅行代理店と提携した、お得なパッケージを販売しています。

コジマ×ビッグカメラカードを使用すれば、イオントラベルモールのツアー商品を最大6割引で購入できますよ。

より安価な会員限定の特別ツアーも提供されており、国内外の旅行を低料金で楽しめます。

イオンワールドデスク

クレジットカードの付帯サービスとして便利になのが、海外旅行の時に利用できるトラベルデスクです。

コジマ×ビッグカメラカードでは、米国・カナダ・ハワイ・欧州・豪州・北京・ソウルなどに設置された「イオンワールドデスク」を利用することができます。

イオンワールドデスクでは、ホテルやレストランの情報、現地の習慣、交通情報、現地ツアーの情報を無料で収集できます。

慣れない海外旅行の時にも安心して、旅行を楽しむ為のサポートを受けれますよ。

有料サービスになりますが、交通予約・リゾート予約・レストラン予約などのリザベーションサービスを利用可能です。

翻訳や法務相談のサービスも受けられるので、プライベートにもビジネス用途にも便利に活用できます。

映画鑑賞割引

コジマ×ビッグカメラカードでは、イオンシネマで公開前の映画を割引料金で利用できるのがメリットです。

またイオンシネマの1,800円又は1,700円の映画のチケットを購入すると、カード会員と同伴者のチケット料金が300円割引されるサービスも受けられます。

レディースデーの他の割引との併用はできませんが、いつでも安く映画を見れるのは嬉しいサービスです。

イオンサポートサービス

コジマ×ビッグカメラカードでは、年間税込み2,800円から日常のトラブルに備えられる「イオンサポートサービス」に加入できます。

イオンサポートサービスでは、バッテリー上がり等の車両のトラブル、化粧室の淀みや給水管の漏れなど、居住地のトラブルに対応するサービスです。

健康や医療相談など、日常生活をするうえでの困難なトラブルにも対応してくれますよ。

コジマ×ビッグカメラカードのカード年会費は無料なので、年間3,000円未満で日常生活のトラブルに備えることができると思えば、安心につながります。

イオングループでの買い物割引

コジマ×ビッグカメラカードはコジマでの買い物だけでなく、イオングループのショッピングも有利になります。

毎月20日30日の「顧客感謝デー」で、マックスバリューなどイオングループの店で5%セールで買い物できますよ。

毎月10日は「ときめきWポイントデー」として、カード利用で獲得できるポイントが2倍になります。

毎月10日はイオングループ店舗で、WAONポイント5倍・ときめきポイントが5倍になる特典も見逃せません。

毎月10日にイオンの店舗で大量購入をすれば2.5%の還元率、20日・30日は買い物代金5%OFFセールでショッピングを楽しめます。

またコジマ×ビッグカメラカードは、ときめきポイントクラブ加盟店で利用すると、ポイント還元率が上昇します。

ときめきポイントクラブ加盟店は「コスモ石油」(ときめきポイント2倍)「ワタミグループ」(ときめきポイント2倍)「得タク」(ときめきポイント3倍)です。

日常生活で利用する店でポイント還元率UPの恩恵があるので、毎日のカード利用で手軽にポイントを集めることができます。

コジマ×ビッグカメラカードの基本還元率は0.5%ですが、うまく活用すれば常時1.0%以上の還元率でカードを利用可能です。

コジマ×ビッグカメラカードの短所

コジマ×ビッグカメラカードでコジマでの買い物・イオングループでのショッピングでザクザクとポイントを集められる利点があります。

しかしポイントの付与条件がカタいのが、コジマ×ビッグカメラカードの短所といえます。

コジマ×ビッグカメラカードのポイント付与は、カードの利用200円に1ポイントです。

つまり毎回200円未満の端数は切り捨てされてしまうため、1ポイントになっていない金額がたくさん出るのです。

コジマ×ビッグカメラカードを利用してショッピングをするなら、端数金も意識を置いておいた方が良いでしょう。


ここまでは、「コジマのクレジットカードの特徴」をお伝えしました。

コジマのクレジットカードにはどんな利点や短所があるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「コジマのクレジットカードの審査ポイント」です。

コジマのクレジットカードの審査ポイント

クレジットカードを申請するなら、審査の難易度が気になりますよね。

コジマ×ビックカメラカードの審査難易度は、どのくらいなのでしょうか。

結論からいいますと、コジマ×ビックカメラカードは比較的審査の緩いクレジットカードに分類できます。

コジマ×ビックカメラカード申請資格は、高校生を除いた18歳以上の人なら申請可能です。

つまり専業主婦や大学生でも申込可能なカードなのです。

クレジットカードの申し込み条件としては「相当」に緩いです。

条件的には無職の人でも審査に合格できる可能性を秘めたクレジットカードといえます。

なぜコジマ×ビックカメラカードは審査が緩いのか

以前、コジマはオリジナルカード「コジマカード」を全面的に押し出していました。

しかしコジマがビックカメラに買収されたことによって、コジマカードは第一線から退きます。

代わりに台頭してきたのが、コジマ×ビックカメラカードで、最近会員募集が始まった歴史の浅いカードです。

このようにコジマ×ビックカメラカードは、新規に会員募集を始めたばかりで会員の募集に積極的です。

そのことから、コジマ×ビックカメラカードの審査基準は甘くなっているのでしょう。

今こそコジマ×ビックカメラカードを手に入れやすい機会なので、審査に自信のない人は早めに発行申し込みするのをおすすめします。

まとめ

以上、「コジマのクレジットカード」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介した知識さえ押さえておけば、「コジマのクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できています。

今後、コジマのクレジットカードに申し込む機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA