トヨタクレジットカード6つの特徴!グレード別の違いや審査基準も解説

「トヨタのクレジットカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • トヨタが発行しているクレジットカードって、どんな特徴があるの?
  • 審査が甘いカードとして、トヨタのクレジットカードが紹介されてたけど本当?
  • トヨタ車をもっていない人にとっても、お得なクレジットカードなのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、トヨタのクレジットカードを作ってはいけません。

あなたには必要のないカードの可能性がありますし、もしかすると審査で苦戦することだって考えられます。

せっかくトヨタのクレジットカードを作るのであれば、役に立つカードとして確実に発行したいですよね。

そこで今回の記事ではトヨタのクレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカを長年研究してきた筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「トヨタのクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • トヨタが発行するクレジットカードの特徴
  • トヨタ発行のクレジットカードの審査ポイント

についてはっきりと理解できているでしょう。

トヨタが発行するクレジットカードの特徴

まず紹介するのは「トヨタが発行するクレジットカードの特徴」です。

トヨタが発行しているクレジットカードと言えば「TS CUBIC CARD」です。

世界の大企業トヨタグループに属する「トヨタファイナンス」が発行するクレジットカードとなっています。

トヨタ系列(トヨタ、ダイハツ、レクサス)の車を購入・車両検査の時に関する特典があります。

トヨタ車でのカーライフを楽しみたい方に、オススメしたいカードです。

そんな「トヨタ TS キュービックカード」ですが、レギュラー、セレクト、ゴールドの3種類があります。

この章では、それぞれの内容を見ていきましょう。

TOYOTA TS CUBIC レギュラーカード

TS CUBIC CARDの中で最も標準的なカードです。

年会費がかかりますが、初年度は無料のため、持ちやすい1枚です。

そんなレギュラーカードのスペックは、以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費初年度無料
次年度以降:1250円+税
申請資格①高校生を除いた18歳以上
②本人に安定した継続的な収入がある
付帯保険紛失・盗難補償
海外ショッピング保険(最大100万円)
ショッピング限度額10~100万円
キャッシング限度額10~100万円

レギュラーカードの6つの特徴

トヨタの中古車、新車を購入する予定がある方は、作っておいて損はないカードです。

ポイントを車両検査や車両購入に活用でき、カーライフをサポートするカードとして人気です。

JAFと連携もしていて、車のトラブルの際も安心ですよ。

レギュラーカードは年会費も安く、初年度は無料なので取得もしやすいです。

そんなレギュラーカードの特徴ですが、以下6つが挙げられます。

TS CUBICのレギュラーカードの6つの特徴
  1. 運転手支援サービス
  2. ポイントサービス
  3. レンタカー優遇
  4. ツアー優遇
  5. 引っ越し割引
  6. ETCカード機能
特徴① 運転手支援サービス

車の事故の時、24時間電話相談を受けてくれます。

JAFと連携しており、必要な時に呼べますよ。

JAFを呼ぶかどうか判断がつかないときに、役に立ちます。

また修理や車のトラブルで、車を置いて帰宅しなければならない時や、急遽宿泊しなければならない場合、交通費や宿泊費を補償するサービスもあります。

特徴② ポイントサービス

トヨタのクレジットカードは、カード利用額1,000円につき10ポイントが付帯されます。

特約店(ENEOS、JAL、三越など)で利用すると、1,000円につき15ポイントを貯めれますよ。

またトヨタの会員専用のインターネットショッピングサイトを利用して商品を買うと、2倍以上のポイントが還元されます。

貯めたポイントは、好みの商品やマイルに交換ができますし、トヨタやレクサスのディーラーでの車検費用に使えます。

もちろん車を購入する際にも、ポイントが付加されますよ。

中古車を購入する時は1ポイント1円、新車購入は1ポイント1.5円で還元される仕組みです。

ポイントの有効期間が5年なので、安心して集めることができるのも魅力です。

特徴③ レンタカー優遇

トヨタレンタカーのメンバーに登録し、レンタカーを予約すれば、最大25%割引されます。

また、海外のレンタカーを日本で事前予約すれば、最大10%割引が可能です。

特徴④ ツアー優遇

トヨタのトラベルセンターを利用してツアーを申請した時、カードの支払いにすれば最大5%割引されます。

また、海外旅行中にレストランの予約やコンサートのチケットの準備もしてくれる好待遇。

現地の交通機関など、多様な問い合わせも日本語で受けてくれるので、安心して旅行を楽しめます。

特徴⑤ 引っ越し割引

引越しセンターの決済にカードを利用すれば、優遇割引があります。

該当する主な引っ越し会社は以下の通り。

特徴⑥ ETCカード機能

ETCカードは、年会費無料で発行可能ですが、ETC一体型カードも発行可能です。

また、ETC利用時にもポイントに加算できますよ。

トヨタ TS CUBIC セレクトカード

レギュラーカードにはなかった保険が豊富で、補償内容も手厚いカードです。

セレクトカードの主なスペックは、以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費2500円+税
申請資格①20歳以上
②本人に安定した継続的な収入がある
付帯保険紛失・盗難補償
海外旅行傷害保険(最大3,000万円)、
国内旅行傷害保険(最大3,000万円)
海外ショッピング保険(最大200万円)
ショッピング限度額10~100万円
キャッシング限度額10~100万円

レギュラーカードと異なる4つの特徴

カードとしての基本的なメリットは、レギュラーカードと違いがないです。

レギュラーと異なる点は以下の通りです。

レギュラーカードと異なる4つの特徴
  1. 申請年齢 20歳以上
  2. 年会費 2500円
  3. 初年度の年会費が無料ではない
  4. 保険の種類が増え、補償が手厚くなる

レギュラーカードの付帯保険は、紛失・盗難補償とショッピング保険なので、保険が物足りない方には、申し分のない1枚です。

しかし、カードの内容とメリットはレギュラーカードと変わりないので要注意。

保険が必要ない場合は、年会費が安いレギュラーカードがいいでしょう。

TOYOTA TS CUBIC ゴールドカード

TOYOTA TS CUBIC CARDの中で、最も格付けが高いカードです。

年会費は高額ですが、補償も手厚く、メリットも豊富なので年会費を出す余裕がある方には、お勧めの1枚です。

そんなゴールドカードのスペックは、以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費10,000円+税
申請資格①30歳以上
②本人に安定した継続的な収入がある
付帯保険紛失・盗難補償
海外旅行傷害保険(最大5,000万円)、
国内旅行傷害保険(最大5,000万円)
海外ショッピング保険(最大300万円)
ショッピング限度額10~250万円
キャッシング限度額10~250万円

ゴールドカードの3つの特徴

セレクトカードよりも保険の種類が増え、補償も手厚いカードです。

ロードサービスのメリットも増え、さらにカーライフを楽しめますよ。

ゴールグレードになると年会費は上がりますが、ステータスを示すのにも十分な1枚です。

そんなゴールドカードですが、以下のようなゴールドだけの特徴が付帯されています。

ゴールドカードの3つの特徴
  • 空港ラウンジの無料利用
  • ゴールドトラベルデスク
  • ゴールド利用者専用ダイアル
特徴① 空港ラウンジの無料利用

ゴールドカードだけの特典として、国内空港にある20以上の空港ラウンジをタダで使用可能です。

国内だけでなく、ハワイ・ホノルルや韓国の空港ラウンジも利用できますよ。

特徴② ゴールドトラベルデスク

旅行計画の支援、交通機関予約などの目的のために、ゴールドの会員専用のサポートデスクが設置されています。

各種旅行相談も受け付けているので、旅行に疎い人でも安心です。

ホテル予約、レンタカーの予約、コンサートチケット予約など多様な支援をお願いできますよ。

ちなみにゴールドトラベルデスク経由でツアーの予約を行えば、最大5%割引になる利点もあります。

特徴③ ゴールド利用者専用ダイアル

クレジットカードに関して何かわからないことがあれば、ゴールド利用者専用ダイアルに電話してみましょう。

通話料無料なうえに、迅速にカードに関する問い合わせを受けてくれますよ。


ここまでは、「トヨタが発行するクレジットカードの特徴」をお伝えしました。

トヨタが発行するカードの利点や特徴について、理解できたと思います。

次に紹介するのは、「トヨタ発行のクレジットカードの審査ポイント」です。

トヨタ発行のクレジットカードの審査ポイント

ネットを調べると「トヨタのクレジットカードの審査は、他社と比べて審査が非常に甘い」と書かれています。

一方、「審査が非常に厳しい」と書かれていることも。

このように情報によっては基準や評価がまったく違うようですが、実際にはどうなのでしょうか。

そこでこの章では、トヨタのクレジットカードの審査基準を深掘りしていきます。

結論からいいますと、トヨタのクレジットカードは他のクレカに比べて審査は緩いです。

トヨタクレジットカード審査は緩い部類に入る

トヨタのクレジットカード「TOYOTA TS CUBIC CARD」の申請は、他のクレジットカードに比べて審査基準が甘いです。

なぜトヨタ TS キュービックカードの審査が甘いのか、次項より明確な理由を解説していきます。

トヨタクレジットカードの審査はCICしか見ない

債務者本人の情報を公開するクレジット情報機関は、計3社(CIC、JICC、全国銀行協会)あります。

TOYOTA TS CUBIC CARDを発行している「トヨタファイナンス」は、このうちCICだけしか加盟していません。

基本的にクレジットカード会社はCICとJICCと全国銀行協会の3社すべてに加盟しています。

加盟しているクレジット情報機関がCICだけなのは、非常に珍しいです。

つまり数が少ない分だけ審査は簡素になっているので、融資審査に不安がある人も、審査に通過する可能性が高くなります。

トヨタクレジットカードの審査に落ちるのはどんな人なのか

比較的審査が甘いトヨタのクレジットカードですが、審査に脱落する場合もあります。

トヨタファイナンスの審査に落ちた人は、過去の信用取引で何か問題があったが人がほとんどです。

過去にクレジットカード支払いの遅れや、数ヶ月の間請求金額を支払わずに無視した場合は、クレジット情報に「傷」が残ります。

結果的に支払能力がない人と判断され、トヨタファイナンスの審査も通らないでしょう。

トヨタファイナンス関係のローンを対応していると落ちる

過去にトヨタファイナンスが運営するローンを使用し、支払いの遅延がある場合は100%審査に落ちます。

トヨタ車のディーラーローンはトヨタファイナンスの商品なので、もしかすると心当たりがある人もいるかもしれません。

お金を貸して、約束の期日まで返済してくれるかどうか分からない人に、お金は貸してくれないのが当然です。

もしクレジット情報に問題がなくても、トヨタファイナンスに延滞や移動の情報が残っていた場合は、もう完全にアウトです。

一生トヨタのクレジットカードは発行できないと覚悟した方がいいでしょう。

債務整理・個人破産を申請した人は通らない

ローンの支払いができなくなって債務整理して破産をした人は、クレジットカード発行は諦めましょう。

整理や破産から5~7年間たてば信用情報の傷は消えますが、あまりにも真っ白になるので逆に疑われます。

俗にいう「スーパーホワイト」として扱われ、審査は否決になるでしょう。

過払い金請求した人も審査通過は厳しい

過払い金請求について、テレビCMや雑誌広告でよく見られるようになりました。

宣伝文句のせいで「ノーリスク」と勘違いされがちですが、信用情報には傷が入るので要注意。

過払い金請求したことによってできた「傷」のせいで、クレジットカード審査は否決になるでしょう。

まとめ

以上、「トヨタのクレジットカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、トヨタのクレジットカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、トヨタのクレジットカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA