驚異のポイント還元率1.5%!ビュースイカカードの魅力を大解剖

「ビュースイカカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • ビュースイカカードって、どんな特徴があるクレジットカードなの?
  • 独自の機能があるみたいだけど、あまりよく理解できていない・・・
  • ビュースイカカードの審査ポイントを教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、ビュースイカカードを作ってはいけません。

あなたには必要のないカードかもしれませんし、最悪の場合、審査に落ちることだって考えられます。

せっかくビュースイカカードを作るのであれば、戦力になるメインカードとして確実に発行したいですよね。

そこで今回の記事ではビュースイカカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、ビュースイカカードを実際に利用している筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべきビュースイカカードに関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • ビュースイカカードの特徴
  • ビュースイカカードの審査ポイント

についてはっきりと理解できているでしょう。

ビュースイカカードの特徴

ビューカード株式会社が発行するクレカが「ビュースイカカード」です。

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費477円(税抜き)
ポイント還元率0.5%~1.5%
ショッピング限度額15~40万円
キャッシング限度額利用不可
ETCカード年会費477円(税抜き)
対応電子マネーSuica
ポイントプログラムビューサンクスポイント
ポイント有効期限最長2年
提携ポイントYahoo!ショッピング・ビックカメラ・無印良品、セブンイレブン・TSUTAYA・チケットぴあetc
海外旅行保険最高500万円
国内旅行保険最高1,000万円

ビュースイカカードはJR東日本の子会社発行なので、JR関連サービスで活用すれば、機能を活かせますよ。

また、ビュースイカカードは「クレカ」の機能に加えて、電子マネー「スイカ」が一緒になった、すなわち、クレジット機能付きスイカカードです。

「スイカ」の一般的な機能は、すべて網羅しています。

とくにスイカの自動チャージが付いているので非常に便利ですよ。

具体的にはスイカのチャージ残額が設定された一定量を下回ると、自動的に一定の金額をチャージしてくれます。

もちろん、この「いくら下回ると・・・」という基準は、個人個人で設定することができます。

具体的には駅にある「VIEW ALTTE」という端末で変更可能です。

自動チャージについては、サービス利用料も各種設定も費用無料なので重宝されるサービスとなっています。

自動チャージと切符の購入でポイント還元率が1.5%になる

先述した自動チャージ機能を利用すると、ポイントが貯まります、しかも優遇還元率で貯まるのです。

本来はポイント還元率0.5%のカードですが、自動チャージの場合は、1000円のビューサンクスポイント(ビュースイカカードのポイントプログラム)が6ポイント貯まります。

400ポイントで1,000円分のスイカで使える料金に充当することができるので、実質的還元率は1.5%です。

ポイント還元率1.5%はクレジットカードの中でもかなり高い還元率です。

人気のJCBカードはポイント還元率0.5%ですし、日本で一番発行されている楽天カードのポイント還元率は1%です。

最強のポイントカードと言われているRECRUITカードもポイント還元率1.2%となっています。

これらの人気クレジットカードとくらべてみると、ビュースイカカードのポイント還元率がいかに高いかが見えてきます。

ただ、ビュースイカカードの通常のポイント還元率は0.5%であることをわすれないようにしてください。

何度もいいますが、ポイント還元率1.5%になるのは、自動チャージした場合です。

上手く使いこなすのであれば、スイカの残高をキチンと確認しておくことです。

スイカの残高を見計らって、すべて自動チャージになるようにすれば、常に1.5%還元されますよ。

自動チャージされるタイミングに要注意

便利でお得なビュースイカカードの自動チャージですが、残念ながら注意点もあります。

実は自動チャージが発動されているの、はあくまでも「自動改札機で入るとき」だけなのです。

つまりコンビニ決済に使用するときは、自動チャージは非対応になります。

結果的に残高不足という扱いになってしまいますので、利用タイミングには気をつけてください。


ここまでは、「ビュースイカカードの特徴」をお伝えしました。

ビュースイカカードの利点や特徴について、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「ビュースイカカードの審査ポイント」です。

ビュースイカカードの審査ポイント

ビュースイカカードは交通系カードと呼ばれるカードの種類です。

ハッキリいいましょう。交通系カードは他のクレカよりも、クレカ発行審査が難しいです。

この章ではそんなビュースイカカードの審査について、様々な観点から掘り下げていきます。

ビュースイカカードの申請資格

ビュースイカカードの申請資格は「日本国内に居住している18歳以上(高校生を除く)」および「電話連絡が取れる方」となっています。

20才未満の方の場合、親権がある方の同意が必須なので、同意がない場合は、「発行NG」と判断され、クレカ発行審査は否決になってしまいます。

また、引き落とし口座は原則として本人と同一名義人が条件です。

自分の銀行口座がない場合には、銀行口座を新たに作成する必要があります。

ビュースイカカードのクレカ発行審査は厳しい

ビュースイカカードは「交通系カード」と呼称されています。

交通系カードは共通の特徴があり、他の系統のクレカに比べて、クレカ発行審査が厳しい傾向があります。

なぜなら交通系カードは、JRと地下鉄を利用する申請者だけを厳選すればいいからです。

スーパーやコンビニエンスストアが発行している、いわゆる「流通系カード」の場合、クレカの発行は顧客を囲むことを目的としています。

利用者を増やして顧客を取り囲む必要があるので、クレカ発行審査が甘くなるのです。

しかし交通系カードは、わざわざ顧客を取り囲む必要もありません。そのため、審査は厳しめになっているのです。

したがってビュースイカカードはリスク回避するために、厳重なクレカ発行審査を行っており、不審な点がある方には発行しません。

具体的にはクレカやローンの利用履歴「信用履歴(クレヒス)」をチェックして、怪しい履歴がある人は否決にします。

詳しくは後述しますが、クレヒスがない人も過去の自己破産を疑われて、発行が否決になることもあるでしょう。

ビュースイカカードは金融事故情報が残っていると発行できない

金融事故情報(支払いの延滞履歴など)が個人信用情報に残っている人は、クレカ発行審査落ちる可能性が高くなります。

ビュースイカカードのケースではなく、クレカの発行審査全般に関わってくる話です。

クレカを発行する際に、カード会社が信用情報保管機関(JICCなど)に「過去に正しく支払っているか」ということを確認するために照会します。

その際、個人信用情報を金融事故情報(自己破産・債務整理)が記載されていれば、カード会社側のリスク回避のためのクレカ発行審査を否決にします。

金融事故情報は、一定期間(5年〜7年)経過すると、自動的にその情報は消えます。

しかし一定期間経過しない間、カード会社にカードの申請をするとアウトです。

事故事実が広く知られてしまい、クレカ発行審査落ちになってしまいますよ。

金融事故はいわゆる「ブラックリスト」に入った状態です。

ビュースイカカードどころか、どんなクレカでも作ることができないため、デビットカードを作成することをお勧めします。

もし自分がブラックリストに入っていることを確認したい方は、信用情報を照会してみるといいでしょう。

PCやスマートフォンで照会することができ、手数料は1,000円程度です。

ビュースイカカードは学生や無職でも発行できるのか

ビュースイカカードは、基本的に審査が厳しいカードですが、大学生には優しいカードです。

先述したクレヒスに問題がなければ、クレカ発行審査も簡単に通過できます。

なぜ大学生でも通るのか疑問に思う人も多いでしょう。

実は、大学に通うことができるということは、「ある程度の財力を親がもっている」とカード会社が判断するのです。

つまり利用者である学生が利用料金を支払えなくなっても、親権者に請求すれば、支払いを受けることができると考えています。

そのため大学生であれば、ビュースイカカードの入会申込書に、「年収0円」と書いても審査に通ります。

では無職の方はどうでしょうか。

結論からいいましょう、無職の方の場合は、ビュースイカカードのクレカ発行審査に落ちる可能性は非常に高いです。

理由はとてもシンプル。「支払い能力がない」からです。

無職というのは、仕事をなくて収入がないので、支払いを期待することができません。

大学生のように親が支払いをしてくれるわけでもありません。

このため、カード会社は支払いの延滞リスクを防止するために、無職はクレカ発行審査に否決される傾向にあるのです。

もし無職の方がどうしてもビュースイカカードを作りたいという場合には、アルバイトやパートで働き始めてから申請してください。

ビュースイカカードの発行審査は「在籍確認の電話」がある

ビュースイカカードは、「在籍確認の電話ができる」というのが、加入条件の項目に記載されています。

つまり、発行審査時に在籍確認が必ず行われるクレジットカードなのです。

そもそも在籍確認とは、本当にその人がその会社にいるかどうかを確認することです。

申請書に書かれた会社に連絡して、あなたがいないとわかれば、「虚偽の申請」としてクレカ発行審査は否決になるでしょう。

もし偶然に外出中で本人が不在である場合も、クレカ発行審査は落ちてしまいます。

しかし電話を受けた人が、「今は外出中です」と伝えてくれれば、在籍していることがわかるので、発行審査に問題はありません。

ビュースイカカードの発行申し込みをしたのであれば、会社の電話担当者には一報いれておいた方がいいでしょう。

ビューカードのクレカ発行審査期間

ビュースイカカードには4つの申請方法があります。

  1. インターネットからの申請
  2. インターネット経由の書類郵送申請
  3. 書類郵送申請
  4. 店頭に来店して申請

申請方法によって発行期間が変わってくるので要注意です。

インターネット加入は、少なくとも1週間程度のクレカ発行審査期間を必要とします。

オンラインで指定口座の設定ができている場合、すぐにクレカ発行審査が開始されますよ。

インターネット経由の書類郵送申請を採用した場合、少なくとも10日ほど発行時間がかかります。

具体的には必要事項を記入して郵便で送った後、書類がカード会社に到着した後から約10日です。

では郵便での申請手続きではどうでしょうか。

郵送での申請手続きの場合は、駅などに設置されている申請書に所定の事項を記入して送信してください。

カード会社にその申請書が到着すると、クレカ発行審査がスタートするので、郵送到着から約10日でカードが受けることが可能です。

最後は店頭での発行申し込みです。駅にあるショッピング施設で発行できますよ。

特定の店舗の場合、一時カードを発行することができます。

一時カードは約30分で発行され、後で口座振替依頼書をカード会社に送付することになります。

依頼書がカード会社に到着して、店頭申し込み後、2週間ほどたてば、ビュースイカカードを受け取ることが可能です。

一時カードを発行することができる店舗は、ビュースイカカードのホームページに記載されているので参照してください。

いずれにせよ、クレカ発行審査にクリアできなければ、本カードは手に入りませんのでご注意ください。

まとめ

以上、「ビュースイカカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、ビュースイカカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、ビュースイカカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA