ライフカード5つの特徴を大解剖!マニアが選ぶおすすめカード3選も紹介

「ライフカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • ライフカードって、どんな特徴をもつクレジットカードなの?
  • ライフカードの機能をわかりやすく教えてほしい
  • いろいろな種類があるみたいだけど、どれを選べばいいかわからない・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、ライフカードを作ろうとしてはいけません。

ライフカード独自の機能を使いこなすことができないでしょうし、もしかするとあなたには必要のないカードの可能性だって考えられます。

また、ライフカードには様々な種類があるので、あなたの求めているニーズに合ってないライフカードを選んでしまうこともあるでしょう。

せっかくライフカードを作るのであれば、メインカードになれる1枚を選択して発行したいですよね。

そこで今回の記事ではライフカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、ライフカードを実際に利用している筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「ライフカード」に関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • ライフカードの基礎知識
  • ライフカードの特徴
  • おすすめのライフカード

についてはっきりと理解できているでしょう。

ライフカードの基礎知識

まず紹介するのは「ライフカードの基礎知識」です。

ライフカード

ライフカード

LifeCARD(ライフカード)は消費者金融「アイフル」の子会社「LifeCARD株式会社」が発行する発行手数料・無料年会費・永年無料クレカです。

そんなライフカードの主なスペックは、以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費無料
申し込み条件18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
カード発行期間最短3営業日
基本ポイント還元率0.5%
ETCカード無料
家族カード無料
海外旅行保険なし
国内旅行保険なし
ショッピング保険なし

基本付与率0.5%と他の一般グレードのクレジットカードと比べると少し残念なスペックなのは否めません。

しかし様々なボーナスのおかげでポイントがたまりやすいクレカであるのは間違いなく、一年に150万円以上使えば、次の年のポイント付与率が1.0%になる仕組みもあります。

誕生日月は通常ポイント付与率から3倍のポイント還元になるので、使用方法に応じてお得度が変化するクレカといえるでしょう。

会員向けネットモール「エルモール」を使用すると、最大25倍の特別ポイントが付与されるので、それらの特典を上手く使いこなす必要があります。

またポイント還元対象はQUOカードや図書カードの商品券への交換と、ANAのマイル・楽天スーパーポイントなどのポイント移行で有効に使用できます。

ちなみにクレカファンの中では「誕生月のポイント5倍= 2.5%還元」のクレジットカードとして有名で、誕生月だけLifeCARDの使用する方もたくさんいました。

しかし2017年7月以降の新規加入は、ポイント負荷率は5倍から3倍に改悪され、以前に加入した人も2018年4月から変更されます。

大きなメリットが変更されたことから、多くのクレカファンを失念させたクレジットカードでもあります。

このように「誕生日月ポイント5倍」はライフカードを語るうえで、絶対に外せない要素(=基礎知識)です。

ライフカードの特徴について解説していく前に、もう少しだけライフカードの誕生日月ポイントについて、深掘りしていきましょう。

ライフカードの誕生月ポイントは5倍から3倍へ

「誕生日の月のポイントが最大5倍」という特典から人気のLifeCARDでしたが、現在では誕生日の月のポイントは3倍となってしまいました。

また元々加入していた人も、誕生日月のボーナスが2018年春から一律で、元々の倍率である5倍から3倍に改悪されてしまいます。

このようにLIFECARD最大の強みである独自のポイントプログラムの改正に伴い、利用者には条件が悪いクレカになりました。

銀行のATM手数料やクレカの年会費や発行手数料など、当初の条件よりも悪くなることは世の中にはたくさんあるので、LIFEカードのような事例は誰でも一度は経験があるでしょう。

クレジットカードを発行している企業はボランティアではありません。利益を出なければいけない宿命にあります。

親会社のアイフルも本業に苦戦しているぐらいですから、ポイント5倍は今のライフカード運営には負担でしかなかったのでしょう。

実際にLifeCARDは、親会社アイフルが傾きだした2007年ごろから業務縮小を実施しています。

昔はガンガンしていたCMも放映してしなくなり、企業として元気がなくなっているのは間違いありません。

ポイントプログラムを改正していかなければ、経営ができなくなってしまう現状に追い込まれているのでしょう。

ただ、ライフカードを選択するかどうか決めるうえで「誕生日月のポイント5倍」は絶対に外せない要素でした。

最大の魅力がなくなってしまったことをキチンと理解したうえで、ライフカードを発行するかどうか決めなければいけません。

既存のライフカード利用者も解約する可能性あり

ここまでの解説によって、LIFFCARD独自のポイントプログラムが改悪された事情について、お分かりいただけたと思います。

ただネット上ではクレカマニアを中心に、未だにライフカードの改悪を理解できない人が増えています。

実際にネットで「ライフカード 改悪」と調べると、数えきれないほどのネガティブな意見をみることが可能です。

確かに他にも魅力的なクレジットカードはドンドン増えているので、わざわざ我慢してLifeCARDを利用継続する必要はありません。

利用条件が悪いカードは持つ意味がないと判断し、解約することももちろん可能です。

解約する場合、ライフカードテレフォンガイド(045-914-7003)に連絡し、音声案内に従うだけで解約できます。

ただしLifeCARDを解約するとき、貯めたポイントは全て消滅するので注意しましょう。

公共料金や電話料金の支払いにLifeCARDを設定した場合は、解約手続きが完了するまで、LifeCARDの利用ができます。

解約後の手順は、電力会社とガス会社、電話会社、それぞれの変更手続きが必要です。新たなクレカを設定しましょう。

ちなみにLifeCARDは現時点では年会費無料なので、持っているだけでも大丈夫です。

解約せずにそのまま続けて、誕生日月のみ利用する方法もあります。

しかしクレカを長年研究してきた筆者としては、ライフカードの年会費無料がこのままちゃんと続くかどうかは少し疑問です。

ライフカードのポイント5倍がポイント3倍に一気に改悪されたように、急に年会費有料になることも考えられます。

メインカードではなく「とりあえず持っておこう」というつもりで、ライフカードを保有しておくのであれば、ライフカード関係のニュースにはキチンとアンテナを張っておくことをおすすめします。

ぼーっとしておくと、気づかない間に年会費が有料になり、ムダなお金を支払うことになるかもしれませんよ。


ここまでは、「ライフカードの基礎知識」をお伝えしました。

ライフカードでおさえておくべき基礎的情報について、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「ライフカードの特徴」です。

おさえておくべきライフカード5つの特徴

「ポイントは改悪されたけどそれでもライフカードを使う!」「ポイント以外のLifeCARDの特徴を知っておきたい」と思っている人もいるでしょう。

そこでこの章では、LifeCARDのクレジットカードとしての特徴をまとめていきます。

今回紹介するライフカードの特徴は、以下の通りです。

ライフカードの5つの特徴
  1. ライフカードの特徴1.還元率0.5%のライフサンクスプレゼント
  2. ライフカードの特徴2.年間50万円以上の利用でスペシャルボーナス
  3. ライフカードの特徴3.エルモールを活用して最大25倍の特別ポイントが付与
  4. ライフカードの特徴4.貯めたポイントは様々な特典と交換可能
  5. ライフカードの特徴5.ポイントの有効期間は最大5年

ライフカードの特徴1.還元率0.5%のライフサンクスプレゼント

LifeCARDを使用すると、ライフカードのポイントプログラムである「ライフサンクスポイント」が還元されます。

1,000円につき1ポイント付与されるので、0.1%ポイントの付与率に見えますが、1ポイントは5円相当なので、実質的にはポイントが付与される比率は0.5%です。

CMで有名な楽天カードやリクルートカードはポイント還元率1%~1.2%なので、比較するとライフサンクスポイントの付与率は低いです。

ただ後述するポイントUPのボーナスを活用すれば、最大25倍になったりと他のクレカと張り合えるだけの利点はありますよ。

ライフカードの特徴2.年間50万円以上の利用でスペシャルボーナス

1年間50万円以上LifeCARDを利用すれば、一気に300ポイントもらえる「スペシャルボーナス」制度があります。

基本的は1ポイント = 5円の価値を持ちますので、1,500円のギフト券が手に入ったようなものです。

また1年間50万円以上を使用すると、1年間のポイント付与率が1.5倍になる特別ボーナスが適用されます。

年間50万円(月約42,000円)を基準にすると、お得にLifeCARDを使用できますよ。

ライフカードの特徴3.エルモールを活用して最大25倍の特別ポイントが付与

LifeCARDが運営する「ライフウェブデスク」に登録すれば、会員専用ショッピングモール「エルモール」が利用できます。

「エルモール」を経由したうえで各種ショッピングモールを利用すると、最大25倍の特別ポイントが付与されますよ。

特別ボーナスの対象サイトは、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなど様々なショップが対応しているので、ネットでよく買い物するには適したサービスとなっています。

エルモール」に対応したネットショップがもっと知りたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

ライフカードの特徴4.貯めたポイントは様々な特典と交換可能

集めたライフサンクスポイントは「ライフサンクスプレゼント」として各種特典と交換できます。

100ポイントから交換が可能で、ギフトカード、松坂牛、マッサージ機、充電式サイクロン掃除機などなど・・・様々な商品を選択できます。

また他のポイントに移行することも可能で、「ANAマイレージクラブ」や「ドコモポイント」「楽天スーパーポイント」など人気のポイントプログラムと切り替えることができます。

交換可能のギフトやポイントプログラムについてもっと知りたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

ライフカードの特徴5.ポイントの有効期間は最大5年

ライフカードのライフサンクスポイントは、2年間の有効期間が設定されています。

しかし最大3年間まで繰り越す手続きができるので、結果的に合計5年間ポイントの保存が可能ですよ。

ちなみにポイント繰越し手続きは、先述した「ライフウェブデスク」で行えます。


ここまでは、「ライフカードの特徴」をお伝えしました。

ライフカード特有の機能について、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「おすすめのライフカード」です。

クレカマニアおすすめのライフカード3選

前章まではライフカードの特徴を紹介してきましたが、実はライフカードには他にも種類があり、元々の短所を補完するクレカが発行されています。

ここからはライフカードシリーズの中でも、通常のライフカードよりさらに使いやすくなった筆者おすすめライフカードを紹介していきます。

今回紹介するおすすめのライフカードは以下の通りです。

  • おすすめのライフカード1.学生専用ライフカード
  • おすすめのライフカード2.ライフカードゴールド
  • おすすめのライフカード4. ライフカード Stella(ステラ)

おすすめのライフカード1.学生専用ライフカード

学生専用LIFECARDは、海外旅行に強い、その名の通り学生専用のLIFECARDです。

主なスペックは以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費無料
申し込み条件高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
カード発行期間最短3営業日
基本ポイント還元率0.5%
ETCカード無料
家族カード無料
海外旅行保険最高2,000円
国内旅行保険なし
ショッピング保険なし

海外旅行先でのカード利用金額の5%に相当する現金がキャッシュバックされるのが、最大の特徴となっています。

年会費は永久無料で、 18歳以上25歳未満の大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方であれば誰でも申請することができますよ。

そんな学生専用ライフカードですが、特に理解しておいてほしい特徴は、以下の通りになっています。

  1. 学生専用ライフカードの特徴1.最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  2. 学生専用ライフカードの特徴2.海外のショッピング料金の5%を現金還元

学生専用ライフカードの特徴1.最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯

冒頭で紹介したスペック表をみれば分かるように、通常のLIFECARDには、海外旅行傷害保険が含まれていません。

しかし、学生専用LIFECARDは全く年会費がかからないのに、一般的なLIFECARDにはない海外旅行傷害保険が付帯されています。

さらに自動付帯なので旅行代金をカードで支払う必要もなく、補償額は最高2,000万円と高額です。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付いてくるのは、数あるクレジットカードの中でもかなり珍しい部類なので、これだけを目的に発行する人も少なくありません。

学生専用ライフカードの特徴2.海外のショッピング料金の5%を現金還元

学生専用LIFECARDは、海外で使用すると、カードのショッピングの5%が指定口座に還元されます。

たとえば、海外のホテルやレストランで10万円をクレジットカード決済した場合には、5%の5,000円分が現金でキャッシュバックされますよ。

キャッシュバック金額の上限は年間50,000円であり、キャッシュバック入金日は原則として請求した月の翌月10日です。

もちろんカードショッピングポイントも貯まるので、二重にお得なクレジットカードとなっています。

おすすめのライフカード2.ライフカードゴールド

「LIFECARDゴールド」は、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯したライフカードの最高グレードカードです。

ライフゴールドカード

ライフゴールドカード

ライフカードゴールドの主なスペックは、以下の通りになります。

国際ブランドVISA・MasterCard
初年度の年会費10,000円+税
二年目以降の年会費10,000円+税
申し込み条件23歳以上で、安定した継続収入のある方
カード発行期間最短3営業日
基本ポイント還元率0.5%
ETCカード無料
家族カード無料
海外旅行保険最高1億円
国内旅行保険最高1億円
ショッピング保険最高200万円

国内の主要空港ラウンジを無料で利用でき、海外秘書サービスなどの旅行支援も充実しています。

キャッシング枠も最高200万円まで用意されているうえ、万一の場合に安心のロードサービスとゴールド会員専用のゴールドデスクも使用することができますよ。

そんなライフカードゴールドですが、特に理解しておいてほしい特徴は、以下の通りになっています。

  1. ライフカードゴールドの特徴1.海外・国内ともに傷害保険が最高1億円
  2. ライフカードゴールドの特徴2.ショッピング保険・シートベルト傷害保険が付帯
  3. ライフカードゴールドの特徴3.国内の主要空港ラウンジを無料で利用可能
  4. ライフカードゴールドの特徴4.国内・海外ともに旅行サービスが充実

ライフカードゴールドの特徴1.海外・国内ともに傷害保険が最高1億円

「LIFECARDゴールド」は、海外・国内旅行傷害保険が自動付帯で、最高1億円の充実補償がついてきます。

また家族特約としても最高1,000万円まで補償してくれるので、他のLIFECARDにはない最高レベルの保険となっています。

ライフカードゴールドの特徴2.ショッピング保険・シートベルト傷害保険が付帯

ライフカードゴールドは、最高200万円のショッピング保険が付帯し、最高200万円のシートベルト傷害保険も付帯されています。

国内外を問わず、買い物の際にも旅行にも安心の補償を受けることができますよ。

ライフカードゴールドの特徴3.国内の主要空港ラウンジを無料で利用可能

LIFECARDゴールドメンバーは、「LIFE CARD GOLD会員専用ラウンジ」として日本全国の主要26空港34ラウンジを無料で利用することができます。

羽田空港ではなんとターミナルごとに3ラウンジ、各階に1ラウンジで合計6ラウンジを用意していますよ。

旅行先やビジネスなどでゆったりとした待機時間を過ごしたい方にお勧めします。

具体的な対応空港について知りたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

ライフカードゴールドの特徴4.国内・海外ともに旅行サービスが充実

海外旅行の際には、海外ヘルパーサービス「ライフデスク」を活用してください。

またJALとANA最適の料金に見つけることができる「国内航空券予約サービス」や、簡単に帰国することができる「海外おみやげ宅配サービス」、安価なレンタカーを利用することができる「国内レンタカーの割引サービス」など、様々なサービス内容が魅力です。

他のサービスについても知りたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

おすすめのライフカード3. ライフカード Stella(ステラ)

LIFECARDStella(ステラ)は年会費初年度無料のクレカです。

ライフカード(ステラ)

ライフカード(ステラ)

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドJCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費1,250円+税(条件付き無料)
申し込み条件18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
カード発行期間最短3営業日
基本ポイント還元率0.5%
ETCカード無料
家族カード初年度無料・二年目以降:400円+税
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険最高1,000万円
ショッピング保険最高200万円

次年度以降は1,250円+税となっていますが、170サンクスポイントを使用すると、年会費無料のコースを利用可能な女性専用カードとなっています。

そんなライフカードステラですが、特に理解しておいてほしい特徴は、以下の通りになっています。

  1. ライフカードステラの特徴1.子宮頸がん・乳がん検診の無料ペアクーポンをプレゼント
  2. ライフカードステラの特徴2.「カラダメディカ」を6ヶ月間無料で利用可能
  3. ライフカードステラの特徴3.カード利用で「日本対がん協会」に寄付できる

ライフカードステラの特徴1.子宮頸がん・乳がん検診の無料ペアクーポンをプレゼント

LIFECARDStella(ステラ)のメンバーは、公益財団法人「日本対がん協会」が発行する「子宮頸がん」検診の無料ペアクーポンがプレゼントされます。

クーポンは希望者のみに贈呈されるもので、あらかじめ指定された医療機関で子宮頸がん検診を無料で受けることができますよ。

また、女性特有のもう一つの癌 「乳がん」の検診を無料で受けることができるクーポンも提供を開始されています。

ライフカードステラの特徴2.「カラダメディカ」を6ヶ月間無料で利用可能

LIFECARDStella(ステラ)のカード会員は、医療専門家のサービスを安価に利用することができます。

希望者に限り、医師や看護師などの医療専門家に身の悩みを相談することができる有料コンテンツサービス「カラダメディカ」を6ヶ月間無料で利用することができますよ。

ライフカードステラの特徴3.カード利用で「日本対がん協会」に寄付できる

毎年11月はこのカードを使用すると、ショッピング利用金額の0.5%が「日本対がん協会」に寄付されます。

また、希望者だけを対象に1口300ポイントの寄付をすることもできますよ。

まとめ

以上、「ライフカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、ライフカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、ライフカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA