日専連クレジットカードの特徴は4つ!おすすめ提携カード2枚も紹介

「日専連のクレジットカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • 日専連のクレジットカードって、どんな特徴があるの?
  • 日専連のクレジットカードの審査ポイントを教えてほしい
  • 日専連カード以外の提携クレジットカードも知りたい・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、日専連のクレジットカードを作ってはいけません。

あなたには必要のないカードの可能性だってあるでしょうし、最悪の場合、審査に落ちることだって考えられます。

せっかく日専連のクレジットカードを作るのであれば、戦力になる1枚として確実に発行したいですよね。

そこで今回の記事では日専連のクレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカを長年研究してきた筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき日専連クレジットカードに関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • 日専連クレジットカードの特徴
  • 日専連のクレジットカードの審査基準
  • 日専連が発行する提携クレジットカード2種

についてはっきりと理解できているでしょう。

日専連クレジットカードの4つの特徴

まず紹介するのは「日専連が発行するクレジットカードの特徴」です。

日専連が発行するカードはその名のとおり「ニッセンレンカード」です。

日専連クレジットカード

日専連クレジットカード

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA・JCB
年会費無料
入会金無料
家族カード無料
ETCカード無料
申請条件①18歳以上75歳未満の方(高校生は除く)
②本人又は配偶者に毎月安定した収入のある方
③正社員・派遣社員・アルバイト・パート・専業主婦(主夫)・年金受給の方
ポイント還元率0.3~1.0%
付帯保険カード紛失・盗難保険

北海道の各店舗でメリットを受けられる「ニッセンレンカード」は、年会費無料で優秀なクレジットカードです。

日専連クレジットカードには優れた特徴がたくさんあるので、詳しく見て行きましょう。

先に結論をいっておきますと、日専連クレジットカードの特徴は以下の4つです。

日専連クレジットカードの4つの特徴
  1. 商品券がもらえる
  2. 独自のポイントプログラム
  3. 家族カード発行無料
  4. レジャー施設での優遇

日専連クレジットカードの特徴1.商品券がもらえる

日専連クレジットカードを発行すると、最大8,000円の日専連商品券を貰えます。

商品券は、札幌をはじめ、北海道、東北などの日専連グループの売場で利用できますよ。

日専連クレジットカードの特徴2.独自のポイントプログラム

日専連クレジットカードのポイントプログラムは「NSポイント」です。

ショッピングでポイントを貯めやすく、提携店では100円につき1ポイントの還元率のポイントプログラムです。

後述する「家族カード」でもNSポイントを合算できるので、家族で日専連クレジットカードを使ってショッピングをすれば、普段の生活で効率的にポイントを集めることができますよ。

電気料金とプロバイダ料金、電話料金にも使えるので、生活にかかる支出を日専連クレジットカードに変えれば効率的にポイントが貯まります。

ちなみに毎年12月、10月まで1年間積み上げてきたNSポイントは、申請しなくても自動還元される仕組みです。

貯まったNSポイントは、2,000ポイントから希望するカタログギフトに交換できますよ。

日専連クレジットカードの特徴3.家族カード発行無料

日専連クレジットカードは、家族カードが無料発行できます。

ただし家族カードの2枚目は1,000円(税別)年会費がかかるので注意してください

家族と一緒ならNSポイントがザクザク貯まる

家族がそれぞれの日専連クレジットカードで決済すると、発生するポイントは本カードに合算できます。

みんなで利用すればするほど、ポイントが貯まりやすくなる仕組みになっています。

日専連クレジットカードの特徴4.レジャー施設での優遇

北海道グリーンランドが入場料100円引、ルスツスキー場が入園料500円引と、家族で楽しめるメリットがいっぱいです。

また利用者がもらえる会報誌「Color Plus」には、新店舗を紹介されているので、最新のレジャー情報を知ることができます。

北海道特有のメリットがたくさんいるので、北海道在住の人には相性の良いカードとなっています。

日専連クレジットカードが必要なのか判断するポイント

日専連クレジットカードは、北海道に住んでいる方専用のクレジットカードです。

特に家族で余暇を楽しみたい方に最適のカードです。

道内を中心とした各地のレジャー施設で優待があり、NSポイントを家族カードで集めて合算できます。

蓄積したNSポイントが変換できる他社サービスも非常に充実、後述する提携カードも魅力的です。

ただ北海道在住でない方やレジャー施設に足を運ばない人、またはNSポイントポイントシステムにそこまで興味がない方はメリットがないです。


ここまでは、「日専連クレジットカードの特徴」をお伝えしました。

日専連が発行するカードの利点や特徴について、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「日専連のクレジットカードの審査基準」です。

日専連のクレジットカードの審査基準

日専連のクレジットカード「日専連カード」は、株式会社日専連ライフサービスクレジットカード会社が発行するクレジットカードです。

厳密にいうと、株式会社日専連ライフサービスクレジットカード会社がJCB・オリコカードと提携して発行しています。

ハッキリいますと、日専連のクレジットカードは審査に比較的通りやすい1枚です。

日専連クレジットカードの申請資格

日専連のクレジットカードは、申請時点で満18歳以上75歳未満の方、東北6県に住んでいる方、毎月一定の収入がある方が対象です。

東北圏に住んでいる方でないと持つことができないので、注意してください。

日専連クレジットカードのカード発行期間

日専連のクレジットカードは、発行までに10日程度かかります。

クレカの中では短い発行期間なので、他のクレジットカードより、早くカードを手に入れることができますよ。

審査がそこまで難しくないからこそ、比較的短期間でのカード発行が可能となっています。

日専連のクレジットカードが審査で重視しているポイント

クレジットカードは申請すれば、どのような方でも必ず発行審査をされます

日専連クレジットカードの発行審査でチェックされるのは、3つの項目です。

申請者の「収入」「住まい」「人間性」をチェックして、審査の当落が決定します。

日専連クレジットカードに大きな影響を及ぼす3つの項目について、それぞれの詳細についてみていきましょう。

日専連クレジットカード審査で重視するポイント1.「収入」

職業や勤務先、雇用形態、勤務年数など、申請者にある程度の収入があるかどうか、毎月一定期間に収入があることを確認します。

たくさん貯金があっても、貯金を瞬時に使用してしまうことがあります。

だからこそ、貯金より毎月の収入の方を重視するのです。

そのため毎月の安定した収入がない場合は、日専連クレジットカードの審査には落ちてしまうでしょう。

日専連クレジットカード審査で重視するポイント2.「住まい」

居住形態や居住年数が審査において重要なので、土地を所有している方、持ち家の方はプラス査定になります。

また賃貸住宅でも一箇所に長く住んでいる方は、審査でプラスになりますよ。

転勤などの特別な事情がない限り、居所がころころ変わる方は、家賃の滞納で何か問題があることを懸念されてしまい、かなりのマイナス評価になるので注意してください。

日専連クレジットカード審査で重視するポイント3.「人間性」

人間性そのものをクレジットカード会社は判断できません。

そのため、申請者が過去にどのようにクレジットカードを利用しているかを人間性としてチェックします。

「信用情報機関」にクレジットカードの申込状況、利用情報や融資返済状況、携帯電話の使用履歴(クレジット・ヒストリー)が5年分保存されています。

さまざまな情報が保存された信用情報機関に照会を行い、利用履歴(=人間性)をチェックするのです。

人間性は非常に重要なポイントで、年収と住居形態に問題がないのに、クレジットカードの審査に落ちる場合は、人間性が問題です。

過去に持っていたクレジットカードや携帯電話の取引で未納や滞納があったために、人間性が悪いと判断され、審査に落ちています。

3つの項目を意識するのが日専連クレジットカード審査に突破する第一歩

クレジットカードの審査で、審査内容とスコアリングは一切公表されていませんが、先ほど紹介した3つの項目をチェックし審査が行われているのは過去の合否情報を検証しても明らかです。

審査に通りたいのであれば、自分の「収入」「住まい」「人間性」を意識してみるといいでしょう。

この章の冒頭でもお伝えしましたが、日専連クレジットカードはクレジットカードの中でも比較的審査に厳しくないカードです。

もし日専連クレジットカードに落ちてしまったのであれば、自分の「収入」「住まい」「人間性」には大きな問題あると思った方がいいです。


ここまでは、「日専連のクレジットカードの審査基準」をお伝えしました。

日専連が発行するカードの審査ポイントについて、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「日専連のクレジットカードの審査ポイント」です。

日専連が発行する提携クレジットカード2種

主に北海道で使える日専連クレジットカードは、提携カードも種類が豊富です。

日専連クレジットカードの提携カードの中でも、ニッセンレンカードとくらべて相当な差別化をはかっているカードを2種類紹介します。

どんな差別化を図っているのかというと、北海道を本拠地とした地元のスポーツチームと提携しているのです。

基本はニッセンレンカードと同じ特徴をもちながら、各チームを応援する人にとっては、非常に嬉しい特典が追加されています

そんな地元のスポーツチームと提携している日専連クレジットカードは、以下の2枚です。

  1. 札幌ドームメンバーズクラブカード
  2. 北海道バーバリアンズRSCカード

日専連が発行する提携クレジットカード1.札幌ドームメンバーズクラブカード

日ハムの本拠地「札幌ドーム」でよく応援するファンなら、おなじみのクレジットカードです。

札幌ドームメンバーズクラブカード

札幌ドームメンバーズクラブカード

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA・JCB
年会費初年度無料
二年目以降:500円+税
入会金無料
家族カードなし
ETCカード無料
申請条件①18歳以上75歳未満の方(高校生は除く)
②本人又は配偶者に毎月安定した収入のある方
③正社員・派遣社員・アルバイト・パート・専業主婦(主夫)・年金受給の方
ポイント還元率0.3~1.0%
付帯保険カード紛失・盗難保険

野球観戦に札幌ドームを訪問すれば、公式グッズや食べ物などショッピング機会は多いですよね。

そんな公式グッズの買い物において、このカードを利用すればNSポイントは2倍になります。

またグッズショップ「グッズ☆ジャム」でのショッピングが割引されるのも魅力です。

北海道日本ハムファイターズ関連のグッズと、北海道コンサドーレ札幌関連のグッズは5%OFF、札幌ドームオリジナル商品は10%OFFです。

さらに札幌ドーム駐車場の割引制度も嬉しいポイントといえます。

札幌ドーム一般料金は2,500円ですが、札幌ドームメンバーズクラブカード1枚持っていれば、2,000円で駐車場を利用できますよ。

年間駐車券も会員価格にできるので、札幌ドームによく訪れる人なら持っておきたいカードです。

日専連が発行する提携クレジットカード2.北海道バーバリアンズRSCカード

加入者1人ごとに登録手数料、一部金額がバーバリアンズに還元される珍しいクレジットカードです。

北海道バーバリアンズRSCカード

北海道バーバリアンズRSCカード

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA
年会費無料
入会金無料
家族カードなし
ETCカード無料
申請条件①18歳以上75歳未満の方(高校生は除く)
②本人又は配偶者に毎月安定した収入のある方
③正社員・派遣社員・アルバイト・パート・専業主婦(主夫)・年金受給の方
ポイント還元率0.3~1.0%
付帯保険カード紛失・盗難保険

カード決済をするたびにバーバリアンズを支援できますので、ファンは必須のカードとなっています。

また札幌市内にあるラグビーグッズショップ「カンタベリーショップ札幌」で優待割引も利用できますよ。

ラグビージャージ・ウィンドブレーカー・ヘッドギアーなどのラグビー商品がいつでも10%OFFで購入できるのは嬉しいポイントです。

まとめ

以上、「日専連のクレジットカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、日専連のクレジットカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、日専連のクレジットカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA