楽天カード6つの特徴を大解剖!学生用やマイル特化のカードも解説

「楽天カード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • 楽天カードって、どんな特徴をもつクレジットカードなのか教えてほしい
  • 楽天カードの審査を突破するためのポイントを知っておきたい
  • いろいろ種類があるみたいだけど、どれが一番お得なカードなの?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、楽天カードを作ろうとしてはいけません。

もしかすると、あなたには必要のないカードの可能性だってあるでしょうし、最悪の場合、審査がうまくいかないことだって考えられます。

また、あなたの求めているニーズに合ってない楽天カードを選んでしまうこともあるでしょう。

せっかく楽天カードを作るのであれば、メインカードになれる1枚を選択して、確実に発行したいですよね。

そこで今回の記事では楽天カードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、楽天カードを実際に利用している筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「楽天カード」に関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  1. 楽天カードの特徴
  2. 楽天カードの審査ポイント
  3. おすすめの楽天カード

についてはっきりと理解できているでしょう。

おさえておくべき楽天カード6つの特徴

まず紹介するのは「楽天カードの特徴」です。

楽天カード

楽天カード

楽天が発行する「楽天クレジットカード」は、CMでお馴染みの人気No.1のクレカです。

Rakuten市場を頻繁に使用する方には必須のカードといえるでしょう。主なスペックは以下の通りです。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費無料
申し込み条件18歳以上(高校生不可)
カード発行期間最短5営業日
基本ポイント還元率1.0%
ETCカード初年度無料・二年目以降:500円+税(条件付き無料)
家族カード無料
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険なし
ショッピング保険なし

Rakuten市場でのポイント還元率は、通常4%です。セールになると、最大ポイント10倍のお店もあります。

また楽天市場以外のショッピングでも高還元率なのが特徴で、どこで使っても還元率1%なので高還元率のカードです。

年会費無料のクレジットカードの中では、最強レベルのポイント還元率といっても過言ではないでしょう。

本カードが年会費無料でありながら、家族カードとETCカードも年会費無料なのも魅力です。

ただしETCカードの年会費無料を2年目以降も無料にするには、楽天会員のランクを上げないといけないので注意が必要です。(ランクUPの方法については公式ホームページをチェックしてみてください)

またカードの不正利用を防止するためのお知らせメールや、未着の商品に対応した制度など、インターネットでの買い物を安心して使用できる制度が付帯するのも見逃せません。

海外旅行保険も付帯するうえ、便利な管理アプリもあり、使用内訳も簡単に見れて便利です。

そんな楽天カードですが、この章ではクレカマニアの筆者からみて、特に知っておいてほしい以下の特徴について解説していきます。

楽天カードの6つの特徴
  1. 楽天カードの特徴1.利用できる国際ブランドが豊富
  2. 楽天カードの特徴2.「楽天エディ」で0.5%ポイント還元
  3. 楽天カードの特徴3.専用のポイントモールの利用で高還元率
  4. 楽天カードの特徴4.ポイントをANAマイレージに移行可能
  5. 楽天カードの特徴5.海外旅行保険も付帯
  6. 楽天カードの特徴6. 海外でも安心の24時間対応サポート

楽天カードの特徴1.利用できる国際ブランドが豊富

楽天クレジットカードは、ビザとマスターカード、ジェイシービーの国際ブランドを選べ、機能はほぼ同じなので、どれを選択しても構いません。

しかし電子マネーを使用する場合は、チャージした際のポイント還元率に差が出るので注意が必要です。

ナナコを使用する場合は「ジェイシービー」の楽天カード

セブン&アイグループが運営する「ナナコ」を利用の方は、「ジェイシービー」を選択しましょう。

ジェイシービーのみナナコに直接チャージでき、1.0%ポイント還元されます。

au ウォレットを使用する場合は「マスターカード」の楽天カード

KDDIが運営する「auウォレット」を利用してる方は、「マスターカード」を選択しましょう。

インターネット用の楽天カードでチャージすると、ポイント還元率が2.5%~3.5%になりますよ。

ちなみにインターネット用の楽天カードは、楽天クレジットカードを発行後申請できます。

楽天カードの特徴2.「楽天エディ」で0.5%ポイント還元

楽天クレジットカードを使用し、楽天エディ株式会社の電子マネー「楽天エディ」にチャージすると、0.5%ポイントが還元されます(二百円で1ポイント)。

2014年以前のカードであればチャージしても還元されないことが多いでの、電子マネーで決済が多い方は嬉しい機能です。

楽天カードの特徴3.専用のポイントモールの利用で高還元率

楽天カード専用のポイントモールを経由すると、楽天独自のポイントプログラムを獲得できます。

楽天系列のサービス、プロバイダをはじめ、他にも有名メーカーがたくさん対応しています。

専用のポイントモールによって登録されるポイントは、通常のポイントのため期限がありません。

楽天独自のポイントプログラムにはキャンペーンで得ることができる「期間限定ポイント」もあり、場合によっては10日前後で消化する必要があります。

しかし専用のポイントモール経由で獲得できるポイントは、最後のポイントを獲得した月を含む1年の期限なので、十分な有効期限をもちます。

ポイントの有効期限を気にせずに利用できるので、安心感があるポイント制度といえるでしょう。

楽天カード専用のポイントモールに対応した企業が気になる人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

楽天カードの特徴4.ポイントをANAマイレージに移行可能

楽天カードで集めたポイントは楽天サービスしか使用できません。

Rakuten市場、楽天トラベル、楽天ブックスなどが対象です。

また貯めたポイントはANAマイレージに移行できますよ。

楽天独自のポイントプログラムとANAマイルは、2ポイント= 1マイルで交換できます。

2ポイントは楽天で買い物すると百円相当になり、百円で1マイルもらえる計算です。

ちなみに楽天独自のポイントプログラムの有効期限は、最後のポイントを得た月を含む1年なので、ずっと使い続けると実質的に無制限になります。

一方、マイレージは有効期限があり、3年経過すると問答無用で無効になります。

飛行機に乗らずにマイルを集めてきた人が、無料航空券獲得までマイルに届かないまま、マイルを消失させてしまうのはよくあること。

このように楽天カードメインでマイルをためた方が、ANAクレジットカードで集めたマイレージより便利になることも可能です。

楽天カードの特徴5.海外旅行保険も付帯

楽天クレジットカードは、買い物特化のイメージですが、最高2,000万円の海外旅行保険に対応しており、付帯保険も充実しています。

一般グレードのクレジットカードの中では、最高レベルの保証内容といっても過言ではないでしょう。

楽天クレジットカードは国内旅行保険や総合保険は含まれていませんが、国内は健康保険があるので海外より重要度が高くありません。

健康保険が利用できない海外旅行に対応した保険が付帯する方が、クレジットカード利用者としては安心できる機能です。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯

手厚い海外旅行保険が保証される楽天クレジットカードですが、出発前にあらかじめ料金を支払う必要があります(利用付帯)。

出国後に楽天クレジットカードの支払いをした場合には、保険は適用されないので注意してください。

楽天カードの特徴6.海外でも安心の24時間対応サポート

楽天クレジットカードの利用者は、海外でも24時間無休で日本語サポートを受けられます。

カードの紛失や盗難などの緊急事故で苦しんでいると、さまざまな相談内容に対応してくれますよ。

困ったときの助け船になってくれるので、海外旅行者とっては安心の緊急サービスになってくれます。

ジェイシービープラザのように、主要都市各地に現地サポートオフィスがあるわけではありませんが、海外で心強い存在です。

ちなみに実際に海外で事故にあったときは楽天のサポートデスクに国際電話をかけることになるのですが、電話代は楽天サービス側が電話料金を負担してくれるので安心です。


ここまでは、「楽天カードの特徴」をお伝えしました。

楽天カードについて最低限おさえておくべきポイントを、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「楽天カードの審査ポイント」です。

楽天カードの審査ポイント

楽天クレジットカードは、年会費無料なので気軽に申し込みが可能です。

カードの使用1%分の楽天ポイントが還元されるうえ、Rakuten市場で多くのポイントを獲得できるので使いやすいクレジットカードです。

しかし楽天クレジットカードを申請しようとした時、「専業主婦や学生もカード発行できるのか」「年収が低いけど、審査に合格するのだろうか」と不安になります。

楽天カードの審査難易度は他のカード会社に比べて、どれくらいなのでしょうか。

結論からいいますと、楽天クレジットカードは審査が甘いです。数あるクレカの中でも1.2位を争う「甘さ」となっています。

この章では楽天クレジットカードの審査に簡単に通過する方法など、楽天カードの様々な審査ポイントについて説明していきます。

楽天カードは18歳以上の安定した収入が条件

クレジットカードの審査は、職業、年収、勤務期間、居住期間など申請時に記入された内容をカード会社が確認し、申請者が返済できるかどうか判断します。

楽天クレジットカードの場合は「18歳以上で安定した収入が必要」という申請条件なので、所得さえあれば年収百万円以下のフリーターの方でも申請・発行できるカードです。

実は専業主婦も発行可能で、申請時に「勤務されていない方」を選択すると発行可能です。

しかし専業主婦の場合は、世帯主に収入がないといけないので注意してください。

楽天カードは仕事先に電話連絡がない

クレジットカードの申請をすると、仕事に在職確認の電話がかかってくる場合があります。

しかし楽天クレジットカードは、在籍確認の電話はほとんどかかってきません。

電話がかかってくるのは、楽天カード側が調査した情報と申請時に記載した勤務先が異なっていたときだけです。

仮に電話があったとしても在籍確認が目的なので余計なことは聞かれませんし、個人情報保護のためカード会社も伏せてくれますよ。

楽天カードの審査結果はメールで届く

審査が正常に通過すると、審査の結果を通知する「発行手続き完了のご案内」メールが来ます。

発行までの期間は、早ければ数時間遅い場合、1週間前後です。

審査に時間がかかるのは、申請者の多い時期(大型連休前や年末年始)や、土日祝日の場合です。

申し込みしたタイミングに基づいて審査時間は変わるので、メールが来ない場合も焦らずに、結果が出るまでゆっくり待ちましょう。

楽天カード受領時には本人確認書類が必要

CMでも説明されているのでご存じの方も多いでしょうが、楽天クレジットカード申請時に本人確認書類は必要ありません。

審査を経てカードを受け取るとき、本人確認書類が必要です。配達してきた人に本人確認書類を提示します。

本人確認書類は、運転免許証・健康保険の被保険者証・国民年金手帳・パスポートが対象です。

身分証明書は運転免許証が一般的ですが、持っていない方は上記のいずれかを提示できるよう、事前に準備しておきましょう。

楽天カードの発行審査は「シーアイシー」と「ジェイアイシーシー」の利用履歴を照会

クレカやローンの利用履歴を保管する「個人信用情報機関」を楽天カードは照会します。

具体的にはシーアイシージェイアイシーシー(株式会社日本信用情報機構)の2つを、楽天カードは照会しています。

返済できずに遅延や延滞をしてしまうと、個人信用情報機関に金融事故情報(移動情報)として記録されていまい、いわゆるブラックリストの状態です。

シーアイシー、ジェイアイシーシーには過去6ヶ月間の返済遅延や延滞の情報が、5年間分残っています。

楽天クレジットカードに申し込みをすると、過去6ヶ月分のカード申請情報と、過去5年間の返済内訳はチェックされます。

この期間に返済など滞納がなければ、楽天カードの審査には通ることでしょう。

逆に返済滞納があれば、どんなに審査が甘い楽天カードでも審査通過は困難です。

楽天カードの審査を突破させる3つの対策方法

楽天クレジットカードの審査は甘くて有名ですが、誰でも通るわけではありません。

次項より紹介する楽天クレジットカードの審査対策を知っておかないと、痛い目にあいますよ。

楽天カードのキャッシング枠は0円で申し込む

クレジットカードの審査は、申請内容と個人信用情報機関の記録を自動的に評価して、発行するかどうかを判断する「スコアリングシステム」で行われています。

申請の際、現金貸し出しができるキャッシング枠を希望すると、「お金に困っている人かもしれない」と評価スコアが落ちます。

キャッシング機能を使用しないなら、楽天クレジットカードのキャッシング枠を0円で申請をすれば、審査が通りやすくなりますよ。

居住期間が長い方が楽天カードの審査には有利

申請時に記入した住所の居住期間が短いと、「夜逃げされてお金が回収できなくなり、貸倒引になる可能性が低い」と判断され、審査に通りにくくなります。

数年以上同じ場所に住んでいるなら、夜逃げの心配もないうえに返済能力があると判断されるため、審査に通過しやすくなりますよ。

電話番号はすべて記入するのがベスト

支払い延滞の問題が発生すると、カード会社は電話で取り立てをします。

その際、複数の電話番号があれば連絡がつきやすいため、採点システムの評価も上がって審査に通りやすくなります。

固定電話と携帯電話の両方がある場合は、両方の電話番号を記入しましょう。


ここまでは、「楽天カードの審査ポイント」をお伝えしました。

楽天カードの審査基準などについて、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「おすすめの楽天カード」です。

クレカマニアおすすめの楽天カード2選

楽天クレジットカードは使いやすさとポイント有益さが最大の利点ですが、実は楽天クレジットカードは、様々な種類に分けられています。

つまりテレビCMで見る楽天カードは、楽天が発行するクレジットカードの中でもスタンダードな1枚であり、他にも魅力的なカードがラインナップされているのです。

「こんな楽天カードもあるのなら、こっちにしておけば良かった」と後悔しなくてすむように、この章では楽天クレジットカードの中でも、特に有益なカードを紹介していきます。

今回紹介するおすすめ楽天カードは、以下の2枚です。

  1. おすすめ楽天カード1.楽天カードアカデミー
  2. おすすめ楽天カード2.楽天ANAマイレージクラブカード

おすすめ楽天カード1.楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーとは、一言でいえば学生のための楽天クレジットカードです。

楽天カードアカデミーの主なスペックは、以下の通りになります。

国際ブランドVISA・JCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費無料
申し込み条件満18歳以上28歳以下の学生の資格を有する人
カード発行期間最短5営業日
基本ポイント還元率1.0%
ETCカード初年度無料・二年目以降:500円+税(条件付き無料)
家族カード無料
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険なし
ショッピング保険なし

学生に特化したカードになったうえに、楽天カードの基本的なサービスと一緒に利用できる点が魅力です。

一般カードよりもポイントアップの利点が多く、若い世代の方であれば、こちらのカードがお勧めでしょう。

またあくまでも筆者の個人的経験則に基づく推測ですが、一般楽天カードよりもさらに審査に通りやすくなっています。

学生に対する発行審査に厳しいクレジットカード業界の中で、堂々と「学生専用」と銘打っているのですから一般楽天カードより審査が緩くなっているのは明白です。

学生で「確実に楽天カードを発行したい」と思っている人は、まよわずこちらを選びましょう。

ショッピングモールの利用に最適のサービスが豊富

楽天クレジットカードアカデミーは学生限定カードで、基本ポイント還元率1.0%なうえに、Rakuten市場で最大7.0%ポイントアップします。

年会費永年無料などの基本性能は一般的な楽天クレジットカードとほぼ変わらず、楽天ブックス・楽天トラベル・楽天ダウンロードでカードを使用すると、もれなくポイント還元率が3倍になるお得な特典が付いています。

音楽や動画をダウンロード購入したり、旅行時にカードを利用すれば、多くのポイントを獲得できますよ。

キャッシング機能がないので安心して利用できる

楽天カードアカデミーは、一般の楽天クレジットカードよりもポイントアップのボーナスがつきます。

追加ポイントが貯まりやすく、本や音楽を頻繁に購入する人や旅行に行くのが好きな人には、お得なクレジットカードです。

また特筆すべきなのは学生カードとして作られているので、キャッシュ機能がない点です。

まだお金の使い方がよくわかっていない学生でも安心して利用でき、ついついたくさん使ってしまう危険が低くなっています。

ちなみに、楽天のデビットカードというのも1つ手としてはあります。

デビットカードはカンタンに言うと前払い制のクレジットカード。

前払い制のため、使いすぎることは絶対にないカードです。

クレカじゃないのに高い還元率!楽天銀行デビットカード14の特徴を解説

おすすめ楽天カード2.楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、一般的な楽天カードとくらべてマイレージ獲得を重視した仕様になっています。

そんな楽天ANAマイレージクラブカードは、以下のようなスペックになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
初年度の年会費無料
二年目以降の年会費500円+税(条件付き無料)
申し込み条件18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
カード発行期間最短5営業日
基本ポイント還元率1.0%
ETCカード初年度無料・二年目以降:500円+税(条件付き無料)
家族カード無料
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険なし
ショッピング保険最高500万円(JCBのみ)

提携サービスの利用によって、楽天独自のポイントプログラムとANAマイレージを獲得できるので、ANAマイラーに最適のクレジットカードでしょう。

ANAクレジットカードと楽天クレジットカードのサービスが付帯

楽天クレジットカードで貯めたポイントは、ANAマイルに交換する手続きを行う必要がありますが、楽天ANAマイレージクラブカードは、最初から加算するように設定できます。

一般的な楽天クレジットカードでマイレージを集めている人は、楽天ANAマイレージクラブカードの方が手続きを省略できて便利ですよ。

またANAマイレージクラブの機能も使用できるので、専用の飛行機予約サービスなどの特典も付帯されています。

ANAマイレージクラブの特典についてもっと知りたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

楽天ANAマイレージクラブカードはマイル交換の手数料なし

楽天ANAマイレージクラブカードは、1年に1度カードを使用すると年会費が無料になり、他のマイレージカードより手頃に利用できます。

またマイルを交換しても手数料を取られないので、使用方法によっては一般的なANAクレジットカードよりも簡単にマイルを獲得できますよ。

まとめ

以上、「楽天カード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、楽天カードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、楽天カードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA