マニア推薦の無職でも作れるクレジットカード3選!審査突破方法も解説

無職でクレジットカード作れるか調べている人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • クレジットカードはやっぱり無職じゃ作れないのだろうか・・・
  • 無職でもクレジットカードを作る方法はあるの?
  • 無職が作れるクレジットカードを教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、下手にクレカを申し込みしては絶対にいけません。

無駄に審査に落ちる可能性が高いですし、審査に落ちればあなたの大切な「信用情報」に傷がつきます。

せっかくクレジットカード審査に挑戦するのであれば、もっと確実に作りたいですよね。

そこで今回の記事では「無職とクレジットカード」の関係性について絶対に知っておくべき知識を、クレジットカードを長年研究してきたクレカマニアが解説していきます。

この記事を読めば、無職の方が知っておくべきクレジットカードに関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • 無職でもクレジットカードを作る方法
  • おすすめの無職でも作れるクレジットカード

について、はっきりと理解できているでしょう。

無職におすすめのクレジットカード3選
  1. 楽天カード
  2. イオンカード
  3. ACマスターカード

無職でもクレジットカードを作る方法

まず紹介するのは「無職でもクレジットカードを作る方法」です。

現在無職の方でも、クレジットカード申請に合格する確率を高めるための知識をいくつか紹介してきます。

クレジットカード会社が重視する審査基準とは

クレジットカードを作る時には必ず審査があります。

カード会社は何を基準に審査をしているのでしょうか?

会社ごとに細かな基準が違いますが、審査の基本は同じです。

カード会社が重視するのは、主に以下の3点になります。

  • 安定した収入があるかどうか
  • はっきりした住所があるか
  • 返済する能力があるか

そしてこれらの要素を詳細にチェックするために、参考にするのが「申請書」です。

申請書に書かれた内容に点数を付けて、その合計点数で合格するかどうかを審査します。

申請書の中に記入された情報の中でも特に重視するのは、以下のポイントです。

クレジットカードの申請書で特に重視されるポイント
  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先の規模
  • 職種
  • 年収
  • 居住年数
  • 住居形態
  • 家族構成

年収や年齢が高く、勤務地は一流企業となると、ポイントが高いのは当然です。

そして居住期間・勤続年数も長ければ長いほど、信用は増します。

さらに賃貸より自分の持ち家の方が有利で、一人暮らしより家族と同居している方がポイントが高くなります。

クレジットカード会社がここまで居住形態を気にするのは、住んでいるところが分からなくなるのが一番怖いから。

つかうだけつかって雲隠れしてしまったら一番困るので、両親と同居している場合などはポイントが高くなるのです。

また「個人情報機関」から過去の借り入れ状況も見ます。

個人信用情報機関とは銀行、クレジットカード会社、消費者金融などで利用者の履歴をしているところです。

過去に消費者金融からの借入があったり、クレジットカードの延滞などがあれば、当然審査の際に減点されます。

しかしこれまで、クレジットカードを一切持ったことがないのもマイナス要因はなるという難しい一面もあります。

無職でもクレジットカードを作る方法はあるのか

クレジットカードは収入があることを前提としていますが、職業がなくても手に入れる方法があります。

まず、もっとも確実で簡単なのが「家族カード」です。

自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族として申請すると、信用情報に傷がついていない限り、間違いなく承認されます。

無職でクレジットカードを作る方法としては、これが最も確実な方法です。

もし家族がクレジットカードをもっていないなら、「派遣会社に登録する」のはどうでしょうか。

派遣会社に登録することは簡単です。

テストはありますが、落ちたり、拒絶されることはありません。

登録会に行って派遣社員として登録すれば、派遣社員として名乗れるようになれます。

実際に派遣として働いていなくても、クレジットカード申込書には「派遣社員」として書くことができるのです。

家族カードと違って派遣会社に登録する方法は、自分名義のクレジットカードを作ることができるため、より便利です。

派遣会社に登録に行くことは面倒ですが、それさえ終わったら残りはクレジットカードを申請するだけです。

今の時代、クレジットカードがなければ、たとえ無職でも不便です。

「家族カード」「派遣社員」という紹介した2つの方法を利用して、クレジットカードを発行してみてはいかがでしょうか。

無職が確実にクレジットカード審査に通るためのポイント

クレジットカードを作るためには、働き口を得ているかという点は非常に重要です。

しかしあなたの周りには、専業主婦や学生など、雇用されていない場合でもクレジットカードを持っている例はいくらでもいるでしょう。

「私は無職だからクレジットカードは無理」と諦めることはありません。

家族カードでもいいですし、派遣社員として審査するのもOKです。気軽な気持ちで、審査を受けてみてください。

しかしせっかく審査をするなら、確実に通りたいもの。

先ほど説明した「家族カード」「派遣社員」という2つの技を使う場合にも、意識すべきポイントがあります。

ここからは無職はクレジットカードを作るうえで意識すべきポイントを、もう少し掘り下げていきます。

申請書の記述を工夫する

クレジットカード申請書の記述には、最新の注意を払いましょう。

事実を記述する必要はありますが、審査に不利な情報を率直に入力する必要はありません。

基本的にクレジットカードの審査は、申請書に記載された内容をポイント化する方式を取っています。

これを「スコアリング」と呼びますが、不利な情報が顕在化されるほど審査に落ちやすくなります。

そこで審査を記入する際、少しでもポイントが高くなるように意識して書き込みをするのです。

顕著な例だと「電話番号」でしょう。

当たり前ですが、携帯電話よりは固定電話のほうが有利になります。

もし実家に固定電話があれば、そちらを記入することで格段に審査に通りやすくなりますよ。

ただ本人確認のために電話連絡がはいる可能性もあるので、虚偽の記述は絶対にNGです。

ちなみに主婦の場合でも、何かアルバイトをするケースもあると思います。

そんなときは、アルバイトを「職業」として記載すると、審査に通りやすくなりますよ。

また利用限度額は、できるだけ少ない設定しておきましょう。審査に通りやすくなる効果が期待出来ます。

そしてもっとも肝心なのは、クレジットカードの審査が甘い会社を選択することです。

審査の甘いクレジットカードに関しては、後でじっくりと紹介しますのでご安心を。

派遣社員を名乗るのが無理なら「自営業」「学生」

無職・主婦がクレジットカードの審査を受ける場合、最大難関が「雇用に関すること」になります。

しかし先述したように「派遣社員」として登録すれば、この問題は意外に簡単に解決可能です。

職がなければ、作ってしまうといいといいのです。

ただ「近くに派遣社員に登録できる企業がない」「派遣社員登録会に参加する暇がない」という人もいるはず。

そんな時におすすめの方法は、自営業を経営するという手です。

自営業と言っても難しく考える必要はありません。

ネットオークションなどで収入を得ることは、今では誰もができることです。

それが嫌なら、クラウドソーシングなどで在宅ワークをすることでもかまいません。

これらの簡単な方法で収入を得ることで、名実共に「自営業」と名乗ることができます。

ただ「自営業と名乗るのはちょっと・・・」と抵抗をしめす人もいるでしょう。


それでは「学生」になってみてはどうですか?

「もう卒業しているよ!」という突っ込みがありそうですが、先ほどと同様の考えが可能になります。

つまり学生でなければ、学生になってしまえばいいのです。

通信制大学の「放送大学」では、無試験で入学できます。

1科目から受講できるので、非常に安い授業料で「学生」という身分を手に入れる事が可能です。

マニアが選んだ大学生おすすめのクレジットカード3選!審査基準や作り方も解説

ここまでは、「無職でもクレジットカードを作る方法」をお伝えしました。

無職だとしても様々な突破口があることを、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「クレカマニアおすすめの無職でも作れるクレジットカード」です。

クレカマニアおすすめの無職でも作れるクレジットカード3選

申請時点で無職であっても、クレジットカードを作ることができる可能性は十分にあるのは先述した通りです。

ただ、どのクレジットカードでも審査を通過できるというわけではありません。

やはり審査の甘いクレジットカードを選択するのが重要になります。

無職の人に推薦するクレジットカードは、銀行系以外であるショッピング系・消費者金融系などのカードです。

これらのクレカであれば、無職であってもよほど信用情報が悪くない限り、審査に落ちることはないでしょう。

紹介してきた「派遣社員になる」などテクニックを使えば、確実に審査に通過できます。

逆に銀行系クレジットカードは審査が厳しく、これまで紹介してきた派遣社員・自営業・学生になるなどの方法を駆使しても、審査に通過することは難しいので注意してください。

今回紹介する無職におすすめのクレジットカードは、以下の3枚です。

無職におすすめのクレジットカード3選
  1. 楽天カード
  2. イオンカード
  3. ACマスターカード

楽天カード

大型ECサイト楽天市場を運営する「楽天」が発行するクレジットカードです。

主なスペックは以下の通り。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費(初年度)無料
年会費(二年目以降)無料
発行期間7営業日
旅行保険海外あり・国内なし
ETCカード機能あり
家族カード機能あり
ポイント還元率1~10%

公式FAQで「主婦のパート・アルバイトでもカードはお申し込みできます」と明記されている、非常に珍しいクレジットカードです。

主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます。
ただし、審査の結果、ご希望にそえかねる場合もございます。
あらかじめご了承ください。

※出典:楽天カード「よくあるご質問」より

ただ、無職の場合キャッシングサービスの限度枠は付与されないことが多いので要注意。

また「本人確認」という形で電話連絡をされる場合があります。

しかし自宅あるいは職場に電話連絡がくるので、必ずしも職を得ていなくても大丈夫です。

クレジットカードとしては、楽天市場でネットショッピングをする際、カードを持っているとポイント増加などのメリットが得られることが利点です。

年会費無料なので、無職でもカードの維持に費用がかからないのが嬉しいですね。

楽天カード6つの特徴を大解剖!学生用やマイル特化のカードも解説

イオンカード

大手スーパーの「イオン」が発行するクレジットカードです。

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費(初年度)無料
年会費(二年目以降)無料
発行期間約3週間
旅行保険海外あり・国内あり
ETCカード機能あり
家族カード機能あり
ポイント還元率0.5%

イオンカードも比較的審査が緩くて、無職、主婦、学生であっても気軽に所持できるクレジットカードです。

イオン・マックスバリュー・イオンモール等での買い物をすればポイントが積み立てされる特典も魅力的。

さらに、20日30日などはマックスバリューなどでの買い物が5%割引なるという特典もあるので、主婦の方には特におすすめのカードです。

イオンカードを5つの要素で完全解剖!ポイント制度から割引制度まで大解剖

ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融の「アコム」が発行するクレジットカードです。

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドMasterCard
年会費(初年度)無料
年会費(二年目以降)無料
発行期間即日
旅行保険海外なし・国内なし
ETCカード機能なし
家族カード機能なし
ポイント還元率なし

全クレジットカードの中でも、審査の甘さは最強レベルだといっても過言ではありません。

消費者金融系のクレジットカードなので自動契約機を利用して申請すれば、カード当日発行が受けられるというメリットもあります。

ただETCカードなどの機能は付帯せず、カード利用によってポイント還元がもらえるというのもありません。

またリボ払いに特化されたカードなので、1回払いを選ばないと手数料が発生する点も注意が必要です。

クレジットカードを作れない場合はデビットカードがおすすめ

ここまで無職でもクレジットカードを持てる方法や、おすすめのクレジットカードについて紹介してきました。

しかし、過去に自己破産などをしたことがある無職の人は、どんな手段を講じても審査に落ちる場合があります。

その場合におすすめなのは「デビットカード」という代替手段です。

デビットカードならクレジットカード審査に通らない人でも、クレジットカードと似たような決済方法を使用することができますよ。

高校生でも発行できるクレジットカードはコレ!マニア推薦のオトクな4枚

まとめ

以上、「無職とクレジットカード」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

紹介した知識さえ押さえておけば、無職でもクレジットカードを作るための知識はすべて網羅できています。

今後、クレジットカードの審査に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA