誰でも作れる可能性の高いクレジットカード5選!審査難易度が低いのはコレ

「誰でも作れるクレジットカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • 誰でも作れるクレジットカードって、本当にあるのだろうか?
  • 審査が緩くて誰でも作れる可能性が高いクレジットカードを教えてほしい
  • ネットのどこを探しても、誰でも作れるクレジットカードが出てこない・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、クレジットカード審査に挑戦してはいけません。

誰でも作れるわけではないクレジットカードを選択している可能性が高いので、審査に落ちてしまうでしょう。

クレカの審査に落ちると自分の信用情報が汚れてしまうので、1度の審査で確実にクレジットカードを発行したいですよね。

そこで今回の記事では「誰でも作れるクレジットカード」について、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカを長年研究してきた筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「誰でも作れるクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、誰でも作れるクレジットカードは本当にあるのか、はっきりと理解できているでしょう。

誰も作れるクレジットカードは本当にあるのか徹底検証

最初に結論をいいましょう。残念ながら、誰でも作れるクレジットカードは存在しません。

審査の甘いクレジットカードは存在しますが、誰でも審査が通過するわけではありません。

クレジットカードはカードごとに申請資格が設定されており、申請資格がない方は申込みできません。

申請資格が広めのカードでも、「高校生を除いた18歳以上の方」となっています。

つまりこの時点で「誰でも」ではなく、高校生や18歳未満の方は、申し込みできないのです。

またクレジットカード申請時、各カード会社の審査基準で審査が行われます。

クレジットカードの審査は、年齢・年収・過去の信用情報を総合的に判断し審査されます。

審査の結果、審査基準に満たない場合は、カードを取得できません。

このように誰でも作れるクレジットカードは存在しないので、ネットで「誰でも作れるクレカ!」と豪語している記事があれば疑ってかかる方がいいでしょう。

クレジットカードを作れる人の特徴

何度もいいますが、誰でも作れるクレジットカードはこの世にはありません。

クレカを発行したいのであれば、審査に脱落する傾向をチェックし、審査通過の可能性を向上させるのが一番です。

ではどうすればクレカ審査に通るのでしょうか。

実はクレジットカードを作れる人は、以下のような特徴があります。

  1. 初めてクレジットカードを作る人
  2. 申請するときに他のクレカも同時申請していない人
  3. カードローンなどの借金がない人
  4. クレジットカードが指定した「申請条件」を満たしている人

この4点を全て満たしていれば、どんなクレジットカードでも問題なく審査を通過できます。

クレジットカードを作るのであれば、まずは4点目の「申請条件」に注目してみましょう。

申請条件が緩ければ、主婦や学生でも発行できるクレジットカードになる可能性があります。

もちろん1~3点目までのポイントをおさえているのが最低限の条件にはなりますので、注意してください。

クレジットカードを作るのが難しい人の特徴

ではクレジットカードを作ることが難しい人の特徴はどんな特徴があるのでしょうか。

  • 複数枚のクレジットカードを同時に申請している
  • 消費者金融で多くの借金がある
  • スマートフォンの料金を滞納してしまった

このような条件に該当する方の場合は、クレジットカードを作るのが難しいです。

特に注目してほしいのが1点目の「クレジットカードの同時申請」です。

クレカの同時申請は、クレジットカード申請で犯しがちな失敗の代表例といえるでしょう。

審査の際は、他社への申請の状況や審査結果も判断されますので、複数枚のクレジットカードを同時に申請すると、お金に困っていると判断され、審査に落ちてしまいます。

同じ理由で、クレカ審査の脱落を繰り返す方も、クレジットカードの審査に不利になってしまいます。

またクレジットカード審査において、消費者金融の利用は非常に印象が悪いです。

「消費者金融は関係ないのでは?」と考えている人も多いですが、クレジットカードの審査の時、カードローン利用履歴はチェックされます。

多くの借金がある方の場合は、支払能力に困ると判断され、審査の脱落の原因になりますよ。

一方、無借金でクレジットカード申請も初めてなのにもかかわらず、審査否決になってしまう方もいます。

そんな方々の共通する特徴として、スマホの料金を滞納遅延している場合が挙げられます。

スマートフォンの端末料金を電話料金と同時に分割で支払う場合、端末代金の支払いの遅れは、個人信用情報機関に記録されてしまうので注意してください。

審査は最近6ヵ月から1年程度の信用情報が重視されるので、上記に心当たりがある方は、これから半年ほどはクレカ申請を控えましょう。

滞納をしないように半年を過ごして、再度クレカ審査に臨めば、合格できる可能性が高まります。


ここまでは、「誰も作れるクレジットカードは本当にあるのか」をお伝えしました。

残念ながら誰でも作れるクレジットカードは存在しないと、理解していただけたのではないでしょうか。

しかし「絶対」というわけではありませんが、誰でも審査に通過する可能性が非常に高いカードは存在します。

次章では誰でも作れる可能性が高い「審査が甘いクレジットカード」について紹介していきます。

誰でも作れる可能性が高い「審査が甘いクレジットカード」

前章でも紹介した通り、クレジットカードには申請条件があるので「誰でも作れるクレジットカード」は存在しません。

しかし申請条件さえ満たしているという前提では、誰でも作れる可能性の高いクレジットカードは間違いなくあります。

この章ではそんな他のクレジットカードよりも、審査が緩いカードについて紹介していきます。

ただ審査が緩いだけではなく、他のクレジットカードに比べても特徴・機能・スペックが優れているカードだけをピックアップしていきます。

そのため、サブカードはもちろんのこと、メインカードとして十分に機能してくれるカードとなっていますよ。

今回ピックアップするクレジットカードは以下のラインナップです。

審査が緩いクレジットカード5選
  1. ACマスターカード
  2. 楽天カード
  3. ヤフージャパンカード
  4. セディナカード
  5. セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード

誰でも作れる可能性が高いクレジットカード1.ACマスターカード

消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードがACマスターカードです。

ACマスターカード

ACマスターカード

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドMasterCard
年会費(初年度)無料
旅行保険海外なし・国内なし
ETCカード機能なし
家族カード機能なし
ポイント還元率なし

ACマスターカードは、消費者金融アコムの独自基準で審査をしており、他の会社のクレジットカード審査で落ちた場合でも、審査に通過できる可能性があります。

各種スペックは残念ですが、ハッキリいって今発行されているクレジットカードの中で、もっとも審査難易度が低いといっても過言ではないでしょう。

申請が簡素化されているので、オンラインによる申し込みで、最短30分で審査結果を知ることができますよ。

審査が完了した後に、全国アコムの無人契約機でカード当日の受け取りが可能になっており、最短1時間でカードを発行できます。

プロミスのクレジットカードはすでに発行終了!代わりになる1枚とは?!

誰でも作れる可能性が高いクレジットカード2.楽天カード

インターネットショッピング大手の「楽天」が発行するクレジットカードです。

楽天カード

楽天カード

主なスペックは以下の通りになります。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費(初年度)無料
旅行保険【海外】最高2,000万円・国内なし
ETCカード機能あり(500円+税)
家族カード機能あり(無料)
ポイント還元率1~10%

楽天カードは、審査が低いクレジットカードとしても知られ、低所得でもカードが発行される傾向があります。

またオンラインによる申し込みの時には免許証、印鑑共に不要です。

スマートフォンだけでも誰でもカードを申請できるのは嬉しいポイントでしょう。

審査結果は最短当日で、早い場合は1時間以内で登録メールアドレスに審査結果が通知されます。

また楽天カードの利用で楽天スーパーポイントを集めることができるのも魅力です。

楽天市場の利用でポイント4倍、さらにスーパーポイントアッププログラム利用でポイント8倍になります。

楽天のサービス利用を楽天カードで決済すればするほど、より安価にポイントを集めることができますよ。

楽天カード6つの特徴を大解剖!学生用やマイル特化のカードも解説

誰でも作れる可能性が高いクレジットカード3.ヤフージャパンカード

審査結果を早く知りたい人・ポイントをたくさん貯めたい人は「ヤフージャパンカード」がおすすめです。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

主なスペックは以下の通りになっています。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費(初年度)無料
旅行保険海外あり・国内なし
ETCカード機能あり(500円+税)
家族カード機能あり(無料)
ポイント還元率1~3%

ヤフージャパンカードは、審査が終わるのが最短2分となっており、申込後にすぐ審査結果が分かるようになっています。

申請時には、免許証無しにオンライン操作のみで審査を完結できますよ。

カードも審査に通過しやすいカードとして人気を集めており、誰でも通る可能性の高いクレジットカードとして名が知られています。

またヤフージャパンカードは、Tポイントをザクザク集めることができるのもメリットです。

Yahoo!ショッピングでポイント3倍、ソフトバンクの使用者ならいつでもポイント10倍です。

ヤフーショッピングをよくつかう人、ソフトバンクのスマホを使っている方におすすめのカードといえます。

非公開: Yahoo!JAPANカード9つの特徴!気になる審査難易度も徹底解説

誰でも作れる可能性が高いクレジットカード4.セディナカード

クレジットカードの中でも比較的審査に通過しやすいと有名なのが「セディナカード」です。

セディナカード

セディナカード

主なスペックは以下の通りです。

国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
年会費(初年度)無料
旅行保険海外なし・国内なし
ETCカード機能あり(1,000円+税)
家族カード機能あり(無料)
ポイント還元率0.5~0.65%

セディナカードは、審査結果をホームページ上にてリアルタイムで確認できるので、審査に不安がある方の場合も、安心して申請できます。

審査結果が出るのも非常に早いですし、パート・アルバイトや専業主婦も、審査に通過しやすいクレジットカードの一つです。

そんなセディナカードの通常ポイント還元率は0.5%となっています。ハッキリいって普通です。

しかし加入後3ヵ月間は、ポイントが3倍になる特典があるので、ポイントをたくさん集められますよ。

さらに携帯料金・ETCでポイントが1.5倍になる特典もあるので、日常生活をしているだけでポイントをたくさん集めることができます。

誰でも作れる可能性が高いクレジットカード5.セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード

当日発行で受け取れるカードの代名詞が「セゾン・アメリカンエキスプレスカード」です。

セゾンプラチナ・アメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナ・アメリカンエキスプレスカード

主なスペックは以下の通りです。

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費(初年度)初年度無料
二年目以降:1,000円+税
旅行保険海外なし・国内なし
ETCカード機能あり(無料)
家族カード機能あり(無料)
ポイント還元率0.5~1%

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードは、オンライン申請後、セゾンカードカウンターで受領すれば、カードの当日受取ができます。(※セゾンカードカウンター来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。)

セゾンパールアメリカンエキスプレスカードは、アメリカン・エキスプレスブランドの中でもっとも審査難易度が低いカードです。

アメリカン・エキスプレスブランドなのにもかかわらず、専業主婦・フリーターでも作れます。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードの長所は、年間1回の利用で年会費無料になることと、アメリカンエクスプレスの良質の付帯サービスが利用できる点です。

さらに毎月第1、第3土曜日は西友で5%offでショッピングできますよ。

アメックスブランドに憧れがある人は、まずはこのカードの審査に挑戦してみるといいでしょう。

まとめ

以上、「誰でも作れるクレジットカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、クレジットカードを発行できる確率はグッと高まることでしょう。

今後、クレジットカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA