年収2,000万円以上の人だけが対象!金属製クレジットカードを徹底解剖

LUXURY CARD

LUXURY CARD

「金属製クレジットカード」について情報収集中の人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • 金属製のクレジットカードって、どんな特徴があるの?
  • リッチな金属製のカードだから、やっぱり審査が難しいのだろうか・・・
  • 金属製クレジットカードの審査に通る人はどんな人なのか知りたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、金属製クレジットカードに挑戦してはいけません。

今は必要のないカードの可能性だってあるでしょうし、最悪の場合、審査に落ちることだって考えられます。

金属製クレジットカードに挑戦するなら、審査に落ちるのもイヤですし、自分のためになるカードなのかハッキリさせたうえで発行したいですよね。

そこで今回の記事では金属製クレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカを長年研究してきた筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「金属製クレジットカードに関する知識」はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • 金属製クレジットカードの特徴
  • 金属製クレジットカードの審査ポイント

についてはっきりと理解できているでしょう。

金属製クレジットカードの特徴

まず紹介するのは「金属製クレジットカードの特徴」です。

金属製クレジットカードといえば、新生銀行とその子会社のアプラスから発行されている「ラグジュアリーカード」が話題になっています。

ラグジュアリーカードは素材に高品質な金属を採用しているので、持っている人が特別なステータスを感じることができるカードです。

この章ではいま注目の金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」について詳しく解説していきます。

富裕層向けのMasterCard

ラグジュアリーカードは、Master Cardの最上級グレードカードです。

招待制ではない金属製のクレカとなっており、「ゴールド」「ブラック」「チタン」が準備されています。

「ゴールド」が最上位、次に「ブラック」「チタン」という順になります。

主なスペックは以下の通りです。

国際ブランドMasterCard
年会費50,000円+税
還元率0.5~1%
旅行保険最高1億円
家族カード機能あり(年会費15,000円+税)
ETCカード機能あり(無料)
ショッピング保険最高300円
対応電子マネーQUICPay

日本初の申請制のブラックカード

これまで、日本国内で入手可能なブラックカードはありましたが、すべて「招待制」のブラックカードです。

「招待制」なのでクレジットカードの取引実績が十分でないと、手に入れることができませんでした。

ところが今回紹介する金属製クレジットカードの「チタン」と「ブラック」は、日本初の自ら申請可能なブラックカードです。

招待がなくても審査さえ通過すれば、すぐに手に入れるブラックカードなので、長期間我慢できない方にはおすすめです。

3種類それぞれ素材とデザインが違う

ラグジュアリーカードの3種類は、すべて独自の素材とデザインです。

素材はプラスチックではなく、特別加工された金属製カードとなっています。

ゴールドカードは純金とカーボンを使用、ブラックカードはスチールを採用しています。

またチタンカードは、ステンレスとカーボンをつかったカードです。

特にゴールドカードは質の高い金が使われているので、見た目的にも非常に豪華なカードです。

ちなみに金属製クレジットカード表面にあるおなじみの「MasterCard」のロゴは、驚きのレーザー刻印。

レーザー刻印の加工は、NASAに技術提供している企業が担当するこだわりようです。

エンジニア出身の経営者が開発まで2年を要しているので、こだわりが非常に感じられる見た目になっています。

金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」の年会費

金属製クレジットカードの年会費は高く、年会費は次の様になっています。

  • チタンカード→5万円(税別)
  • ブラックカード→10万円(税別)
  • ゴールドカード→20万円(税別)

また家族カードも有料になっており、以下のような年会費になっています。

  • チタンカード→1.5万円(税別)
  • ブラックカード→2.5万円(税別)
  • ゴールドカード→5万円(税別)

家族カードも高い年会費が必要ですが、発行されるカードは、本会員と同様に金属製のカードのため、特別感と高級感を味わえます。

世界にデスクを用意した案内サービス

国内・海外でどこでも、ラグジュアリーカード会員の要求に24時間365日体制で対応する、「コンシェルジュサービス」が付帯しています。

どのグレードのカードでも、サービスの内容は一緒です。

コンシェルジュサービスは、まるで自分に秘書がついている様なサービスを味わうことができますよ。

具体的にどんな事かよく知らない人も多いと思いますので、具体例をあげてみましょう。

レストランの予約

レストランの予約は、意外と時間がかかりますよね。

そんな時は金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」のコンシェルジュサービスを利用すれば、レストランを探してくれます。

人員と希望の雰囲気、開催場所、食べたい食べ物のジャンルを伝えると、おすすめのお店をいくつかのピックアップしてくれますよ。

自分はピックアップされた選択肢から選ぶだけです。

24時間対応なので、急ぎの場合にも安心ですよ。

入手困難な商品を探して購入できる

海外旅行中に買うチャンスを逃した商品があったり、日本では未発売の商品がある場合、コンシエルジュに相談してみましょう。

あなたに代わって捜し物を見つけてくれて、購入できるように手配してくれます。

「こんな感じの製品を購入したい」のようなアバウトな要求にも、コンシェルジュが調べてくれますよ。

自分で調べる手間と時間が節約されるので、本当に秘書を使っているようなサービスです。

主要都市の隠れ家的名所とホテルの予約をしてくれる

金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」の会員用エリアを確保しているので、満席でもコンシェルジュを通じて、予約できる場合があります。

スケジュールが突然で多少無理な頼みでも、一度相談してみるといいでしょう。

国際便の予約や変更ができる

飛行機の予約は、コンシェルジュサービスの基本となっています。

またスケジュールの変更で発生した変更の手続きも任せることができますよ。

国内線だけでなく国際線も可能で、これこそまさに金属製クレジットカードの偉大名ポイントの一つといえます。

主要都市発の多様なパッケージツアーの案内

海外に個人旅行し、現地で好きなパッケージツアーを申請して楽しむことができます。

例えば、アメリカに個人的に渡航したあと、ヨーロッパに行きたくなったとしましょう。

ラグジュアリーカードのサポートを使えば、アメリカ発ヨーロッパ行きのパッケージツアーとサクッと手配してくれます。


仕事で行った後に少し観光をしたい場合、または日本発着の団体旅行の旅行は好まない人におすすめです。

ここまでは、「金属製クレジットカードの特徴」をお伝えしました。

金属製なだけであってかなりリッチなクレジットカードになっていると、理解いただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「金属製クレジットカードの審査ポイント」です。

金属製クレジットカードの審査ポイント

金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」はMasterCardの最上級カードなので、難易度が非常に高い部類に入るのは間違いありません。

先述した通り、申請制のブラックカードは日本初なので、その審査の難易度が気になって仕方ない人も多いでしょう。

そこで、この章では金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」の知られざる審査ポイントについて解説していきます。

金属製クレジットカードの審査基準

金属製クレジットカードの審査を通過するには、年収・年齢・職業に関して厳しい条件が必要です。

金属製クレジットカードに入会するためには、さまざまな審査基準をクリアしなければいけません。

まずは金属製クレジットカードの審査基準の解説をしたいと思います。

年収の基準

金属製クレジットカード申請書をよく見てみると、年俸の記載例には「2,000万円」と驚きの記載があります。

もちろん必須条件ではないですが、少なくても2,000万円以上の年収を基準としていることがわかります。

堂々と2,000万円という例を挙げているため、それ相応の覚悟が必要です。

ちなみにゴールドは招待制なので、年収2000万円の人でもカンタンに入手できないので注意してください。

年齢の基準

金属製クレジットカードに入会するための年齢基準は「20歳以上です。

「学生は申請できない」と明確に記載があるので注意してください。

ただ年俸基準も合わせて考えると、20代での申請も難しいでしょう。

なぜなら20代で2,000万円以上の年収を実現するのは、極めて珍しいからです。

年収の実現性、年齢による実績も考慮すれば、30歳以上の年齢が望ましいでしょう。

招待性のブラックカードも30歳未満で発行されるカードは少ないです。

絶対に20代では、審査に通過できないということはないですが、30代が審査に有利なのは間違いないでしょう。

職業の基準

金属製クレジットカードの審査基準に「職業」は大いに関係あります。

職業については「年俸2,000万円以上が可能な職業」といった方がいいでしょう。

年俸2,000万円を超える職業ならば、社会的地位が低いということはまずないです。

年収2,000万円ですから、正社員でも支社や会社そのものを任されるレベルの肩書きの方が該当するでしょう。

「チタン」「ブラック」「ゴールド」の審査基準は違うのか

「チタン」「ブラック」「ゴールド」の3種がある金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」。

気になるのは審査基準の差ですよね。

結論からいいますと、圧倒的にゴールドが高いです。

ゴールドだけが招待制なので、審査難易度が一番高いのはまちがいないでしょう。

次いで「ブラック」「チタン」という審査難易度になっています。

ブラックとチタンは申請制ですが、本当に2000万円の年収がないと審査合格は無理でしょう。申し込み書に書いてある例からみても明らかです。

招待ではなく申請できるだけでもチャンスがありますが、審査難易度は全クレジットカードの中でも最高レベルです。

金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」の審査基準は、本当に難しいのは間違いありません。

もしチャレンジするのであれば、年収2,000万円を達成してから行うのが無難でしょう。

金属製クレジットカードの申請・審査・受領までの流れ

この章の締めくくりとして金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」のブラックとチタンの申請から受領までの知識を解説していきます。

金属製クレジットカードの申請から発行までの8つの流れ

金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」を手に入れるには、以下の手順をこなす必要があります。

流れとしてはシンプルですが、申し込み前に一度目を通しておくのをおすすめします。

ラグジュアリーカード発行までの8STEP

  1. 公式サイトで申請をする(ゴールドカードは招待制なのでWEBの申し込みが不可)
  2. 公式サイト内の当該ページにて「チタン」または「ブラック」を選択する
  3. 発行会社のアプラスサイトが表示されるので、申請に必要な情報を入力する
  4. 申請が完了した後、翌営業日以降に本人確認書類(免許証など)の画像を送付する
  5. 自動振替口座の設定をして、審査結果がくるまで待つ
  6. 審査に問題なければアプラスより2週間程度で登録完了(合格メール)が送信される
  7. アプラスよりはがきが届く(重要事項のお知らせ)
  8. その後2週間程度でカードが到着

金属製クレジットカードの審査期間

金属製クレジットカードの審査期間は、比較的少し長めです。

2~3週間の審査期間は覚悟しましょう。

なかなか結果が来ないですが、審査期間を短縮することは不可能なので、気長に待つのをおすすめします。

まとめ

以上、「金属製クレジットカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、金属製クレジットカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、金属製クレジットカードに挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA