あなたが選ぶべきタイプがわかる!3つのENEOSクレジットカードを徹底比較

「ENEOSのクレジットカード」について情報収集している人は、以下のような不安や疑問を持っていることが多いです。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

  • ENEOSのクレジットカードって、どんな特徴があるの?
  • 結構種類があるみたいだけど、何を選んでいいかわからない・・・
  • ENEOSのクレジットカードの審査ポイントを教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、ENEOSのクレジットカードを作ってはいけません。

あなたには必要のないカードの可能性だってあるでしょうし、最悪の場合、審査に落ちることだって考えられます。

せっかくENEOSのクレジットカードを作るのだったら、戦力になる1枚として確実に発行したいですよね。

そこで今回の記事ではENEOSのクレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、ENEOSカードを実際に利用している筆者が回答していきます。

この記事を読めば、あなたが知っておくべきENEOSクレジットカードに関する知識はすべて網羅できますよ!

読み終えた時には、

  • ENEOSが発行するクレジットカードの特徴
  • ENEOSのクレジットカードの審査ポイント

についてはっきりと理解できているでしょう。

同じガソリン系カードとして出光クレジットカードがあります。出光クレジットカードはこちらで詳しく解説しています。

出光クレジットカード4つの特徴を大解剖!ゴールド・プラチナとの比較も完全網羅 昭和シェルカード7つの特徴を大解剖!ゴールドグレードとの違いも解説

ENEOSが発行するクレジットカードの特徴

まず紹介するのは「ENEOSが発行するクレジットカードの特徴」です。

ENEOS(エネオス)カードは、ガソリンスタンド「ENEOS」を安く利用できるクレジットカードです。

C(キャッシュバック)・P(ポイント)・S(スタンダード)の3種類のカードがあり、利用計画により好きなタイプを選択できます。

この章ではENEOSクレジットカード3種それぞれの特徴について、深掘りしていきます。

最初に3つのタイプの特徴が、人目でわかるスペック表を紹介します。ざっと目を通してみてください。

項目CタイプPタイプSタイプ
年会費初年度無料
次年度以降1250円+税
初年度無料
次年度以降 条件付き無料
ポイント還元率なし0.6~3.0%0.6~2.0%
発行までの期間3週間程度
旅行保険海外・国内ともになし
ショッピング保険なし
発行資格18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方
対応電子マネーQUICPay
ETCカード機能あり(年会費無料)

C(キャッシュバックタイプ)

利用金額により、ガソリン・軽油が1L当たり最大7円の割引になるカードです。

ENEOSで利用した前月の月間カード利用金額によって、以下のとおりの割引になります。

  • 70,000円以上→7円/L割引
  • 50,000円~69,999円→5円/L割引
  • 20,000円~49,999円→4円/L割引
  • 10,000円~19,999円→2円/L割引
  • 10,000円未満→1円/L割引

ちなみに灯油は、利用金額に関係なく1円/L割引になるので注意してください。

また家族カードの利用分も、全て累計利用金額に含まれます。

つまり家族で利用していると、7円引きになる可能性が高いという長所があるのです。

150Lを越えるガソリンは割引対象外

ENEOSカードのキャッシュバックプログラムには、1ヵ月で150Lまでの制限があります。

1ヵ月で150L以上の利用する方は、超過分が割引適用を受けないので注意してください。

ガソリン価格割引が適用されるのは数ヵ月後

ENEOSカードの割引制度は、すぐに適応されないので注意が必要です。

実際にキャッシュバックプログラムが適用されるのは、4ヵ月後になります。

その場で割り引きされるわけではないので、利用時には気をつけてください。

P(ポイントタイプ)

ENEOSで利用1,000円につき30ポイントがつく「ポイントに特化したカード」です。

3.0%と破格のポイント還元率なので、ENEOSをよく利用するなら、こちらがおすすめです。

ちなみに一般加盟店の場合、1,000円につき6ポイントと還元率0.6%になります。

年会費がかかる

Pタイプのカードは、ENEOSでの給油ポイント特典に特化しています。

「ガソリンといえばENEOS」という方は、Pタイプクレジットカードは最適といえるでしょう。

ただ残念ながら2年目以降は年会費が1,250円+税がかかります。

S(スタンダードタイプ)

スタンダードタイプのENEOSカードは、ドライバーを支援するベーシカルな機能をもつカードです。

ガソリン・軽油はいつでも2円の割引/Lで、ポイント還元率は0.6%です。

またENEOSでのカー商品を購入した場合、還元率が2倍になります!

年会費実質無料でロードサービス提供

年会費は初年度無料で次年度以降も、条件付きで無料になります。

条件はETCを含めた、年1回以上のカード利用なので簡単に達成可能です。

どのタイプを選ぶべきかわからない人へ

自分がどのタイプを選ぶべきか決めきれない人は、ENEOSの月間利用金額を考えてみるのをおすすめします。

毎月1万円未満の利用であればSカード、毎月1万円以上ならCカードまたはPカードが得策です。

そのうえでポイントがほしい人はPカード、現金値引きが利用したい人はCカードを選びましょう。

3タイプ共通の付帯サービス

ここまでは3タイプそれぞれの特徴を紹介しましたが、ここからは3タイプ共通のサービスを紹介しましょう。

ENEOSカードは、いざという時に安心のENEOSロードサービスがつくカードです。

また愛車の保守料金割引サービス、利用金額に相応した燃料価格の引き下げなど、多くのサービスが付きます。

さらに家族会員も本人同様なサービスがつくのも魅力です。

24時間365日のロードサービス

電話一つで24時間対応のカーサービスを使えます。

無料サービスの範囲は次のようになっています。

  1. レッカー車による移動が10kmまでは無料
  2. ガス不足車の給油作業
  3. タイヤパンクの交換作業
  4. その他30分以内の作業

ゴールドカード以外でロードサービスが無料付帯するのは、ENEOSカードだけです。

また有料ですが、レンタカーの案内や各地の宿舎案内サービスを利用できます。

保守料金割引サービス

カーコンビニ倶楽部」でENEOSカードを提示すると、保守料金が割引されるサービスもあります。

愛車の傷とヘコミを修理する際、「カーコンビニ倶楽部」を利用すれば、5%割引で利用できますよ。

家族カード所有者も本人会員と同じサービスを提供

家族会員は、本会員と同じサービスそのまま利用できます。

年会費永年無料なうえ、最大3人まで申請可能な使い勝手のいい機能です。

利用金額で環境貢献できる

ENEOSカードをENEOSのサービスステーションで利用すると、カード利用額に応じた金額が社団法人国土緑化推進機構に寄付されます。

寄付された支援金は、緑化の推進と森林整備に役立てられますよ。

カードを利用することにより、地球環境に対する貢献になります。

ENEOSカード共通の注意点と短所

ENEOSカードは、いわゆる「ドライバーカード」です。

定期的に車を利用しない人は、持っていても意味がありません。

ただ月に数回乗る回数が決定している方に対する特典は、十分にあると言えます。

そのうえで、3タイプ別に性質が異なるので、自分のカーライフに合わせた選択が必要です。


ここまでは、「ENEOSが発行するクレジットカードの特徴」をお伝えしました。

エネオスが発行するカードの利点や特徴について、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「ENEOSのクレジットカードの審査ポイント」です。

ENEOSのクレジットカードの審査ポイント

エネオスのガソリンスタンドで使用できる「エネオスカード」を持っておくと、ガソリン1Lにつき2円割引となり、車を運転する方にはお得なカードです。

しかしどんなにカードが必要でもカード発行は審査があります。審査に通過するか不安な方は多いでしょう。

そこでこの章では、エネオスカードの審査基準と審査の難易度について説明していきます。

さらに審査で脱落する原因も解説するので、ENEOSカードの審査に挑戦する人にとっては必見の内容となっていますよ。

エネオスカードの種類は審査に関係ない

前章でも紹介したようにエネオスカードは、Sカード、Pカード、Cカードがあり、それぞれカードの機能が異なります。

ただしカード種類によって審査の難易度は変わりません。

特典の内容だけで好きなカードを選んでOKです。

エネオスカードの審査基準

エネオスカード申請資格は、「18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方」です。

年俸や職業に対する制限がないので、ほとんどの方が申請可能なクレジットカードとなっています。

ネットでは「審査の甘いクレジットカード」として取り上げられることも多いENEOSカードですが、筆者的にも間違ってないと断言できます。

エネオスカードで高額商品を購入する人は少ないため、クレカの中でも比較的緩い条件になっているのでしょう。

そんなエネオスカードですが、実際の審査では過去のクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)が一番重要です。

エネオスカードで支払いしたガソリン代の返済が確実かどうか判断するため、過去にカード料金の滞納や支払遅延がなかったか調査します。

そのため、過去に滞納や延滞がある方は、エネオスカードの審査を通過しにくいです。

逆に考えると、過去の支払いさえしっかりしていれば、誰でもカード取得可能と言えます。

エネオスカードの審査の難易度

エネオスカードの審査はハッキリいってクレジットカードの中では甘く、審査通過率は高いです。

審査の甘いクレジットカードとして有名な「楽天カード」と同じくらいの甘さといっても過言ではないでしょう。

クレジットヒストリーに問題さえなければ、学生でも主婦でも審査通過できます。

ガソリンスタンドのカードでは、出光の「出光カードまいどプラス」などがありますが、そちらは審査が厳しいです。

同じガソリンカードでもエネオスカードは審査が圧倒的に甘いので、「審査が緩いカード」を狙っている人にはエネオスカードがおすすめです。

ENEOSカードとクレジットヒストリー

先述したように、エネオスカードは申請者が過去に滞納をしていないか調べるために、個人信用情報機関の信用情報を照会します。

個人信用情報機関は「カードの返済情報」と「カード料金滞納情報・延滞情報・遅延情報」が記録されています。

過去のカード利用履歴はクレジットヒストリーとし、クレジットカード審査では非常に重要です。

支払いがいつも遅れている人は、個人信用情報機関に5年間記録が残り、「返済能力がない」とカード会社に判断され、審査に通りにくくなります。

エネオスカードの審査は、はっきりいってクレジットヒストリーに傷がないかだけが重要視されています。

勤務先や年収などは重視されず、クレジットヒストリーだけが大切です。

ENEOSカードの審査に合格したいのであれば、クレジットヒストリーだけは大切にしましょう。

発行までの期間は3~4週間

申請情報に問題がなければ、申請から3週間~4週間でカードが発行されます。

ただ最近のクレジットカードは1週間ほどで手に入るカードも多いなか、少し時間がかかりすぎているといっても過言ではないでしょう。

もし1ヵ月以上待っても届かない場合は、さすがに問題が発生している可能性が高いです。

クレジットカード会社に一度連絡してきちんと申請ができているかどうか、審査状況がどのようになっているか確認してみましょう。

ETCカード発行の審査は行われない

エネオスカードを利用する人は、ETCカードを一緒に発行する方が多いです。

有料道路の料金所をスムーズに通過できるので、高速道路と有料道路を使う人にとっては必須のカードでしょう。

エネオスカードの審査に無事通過すれば、ETCカードは審査なしに発行することができます。

ただ、エネオスカードはETCカードのみ発行できないので注意してください。

そのため、エネオスカード(クレジットカード)の審査に落ちると、当然ETCカードも発行されません。

ちなみにエネオスカードのETCカードは「一体型カード」と「ETC専用カード」の2種類から選択できます。

ETCカードは車の中に置いておくことが多いので、ETC専用カードとして別々に発行してもらうのがいいでしょう。

家族カードの審査は実質行われていない

家族用として何台か車がある人は、家族カードがおすすめです。

ガソリンの給油のたびにエネオスカードを家族に渡すのは勿体無いので、家族カードが役にたつでしょう。

家族カードは、あくまでも本会員カードの付属なので、審査は実質なしで発行されます。

もし家族カードが無事に発行された場合、本会員の利用料金と一括請求されるので注意してください。

ちなみに本会員がENEOSカードSを持っていた場合、家族カードもENEOSカードSになるので要注意です。

まとめ

以上、「ENEOSのクレジットカード」をテーマとして様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

紹介してきた知識さえ押さえておけば、ENEOSのクレジットカードに関する知識はすべて網羅できています。

今後、ENEOSのクレジットカードを発行する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA